Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

保母さんから保育士さん、変化する保育士の意義とその重要性

幼稚園以外では幼児教室などへの就職もある今でこそ「保育士」は国家資格となり、専門職としてのイメージが強くなっていますが、以前は「保母さん」と呼ばれ、子どもを預かる施設でのみ通用する資格でした。では、どうして「保母さん」から「保育士」へと変化したのでしょうか。

色々と理由はありますが、やはり少子化、核家族化の影響は見過ごせない問題だと思います。子どもを預けられないから、子どもを持たない、という傾向が強まってきています。また、核家族化が進み、地域とのつながりが希薄になってきています。

母親が孤立してしまったり、相談できる相手もいない状況では子育ては大変なストレスにも繋がりかねません。こういった問題を解決する為にも、子どもを安心して預けられ、また、子育てについていろいろとアドバイスをくれる専門知識を持った「保育士」という存在が必要になってきたのではないでしょうか。

子どもが安心して過ごせる施設、何かあった時にアドバイスをしてくれる知識を持った先生、などが求められているのですね。その地域の子育てを支援するという意味で「保育士」の重要性が見直されて来た結果ではないでしょうか。

また、保育士が求められるのは保育園や託児所ばかりではありません。児童養護施設や乳児院、病気の子供が入院している小児科病棟でも保育士は必要とされています。子どもの成長を見守り、助けて行くスペシャリストとしての知識も求められているのですね。

様々な方面からケアが出来る「保育士」、その専門性はこれからも益々深まって行くと思います。そしてそれに比例して保育士の重要性もどんどん高まって行くと思います。子どもの成長のために存在を認められていた「保母さん」、今では「保育士」として国の成長のため必要とされています。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ