Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

スキンケアをやり過ぎは逆にお肌によくない

肌に負担のかからない化粧品美肌を求めるあまり、スキンケア方法を実践し過ぎてしまい、逆に肌へダメージを与えてしまって肌トラブルになるという人も増えています。

美しい肌を手に入れるために行なっているスキンケア方法が、悪影響を肌に与えてしまっては本末転倒です。

たとえば、肌への栄養素をなどを含む美容液を、肌に良いからと何度も塗りつけてしまっては、逆に肌へ負担を与えてしまいます。必ず適量というのが商品に書かれているので、それに従う事を忘れてはいけません。

洗顔後の水分を拭く際に、タオルなどでゴシゴシと念入りに拭くのも肌へ刺激を与えてしまいます。肌には3つの層があり、一番表面にあるのは表皮といって0.1~0.3mm程度しかないのです。そこへタオルなどでゴシゴシ拭いてしまっては、肌が傷ついてしまうわけです。

特に独学によって自己紹介のスキンケア方法をされている方に、多く見られる現象と言えるでしょう。自己処理の場合は、第3者が確認してくれるわけではないので間違ったやり方になっていても、誰も注意してくれません。

正しい肌のお手入れのやり方を知っておく事は非常に重要であり、美肌を作るうえでも必須と言えるでしょう。化粧水や美容液などを使って、肌の手入れをしているのに効果が現われにくいという場合は、自分の肌ケアがやり過ぎていないかと再確認すると良いでしょう。

誤ったやり方というのは、年齢によって肌のトラブルが出るよりも早く、何らかの肌への影響が出てしまうため、とても重要な事なのです。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ