Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

保育士の職場は保育園だけじゃない!さまざまな場所で活躍できる保育士の「職場」

子どもと過ごす事の出来る事に感謝保育士の職場=保育園ではありません。様々な施設が保育士の専門性、知識を必要としています。細かく分類すると非常に多くなりますから、大まかにご紹介させて頂きます。

保育所・託児所
両親が仕事をしている為、家庭で保育ができない、など家庭の事情で家で子供と長時間過ごす事の出来ない保護者の変わりに、保育施設で保育士が子どもを預かり保育します。

乳児院
両親が未婚であったり、保護者が養育出来ない状況にある乳児が入所します。一人では生きていけない乳幼児を保育するため、24時間体制で保育にあたります。(シフト制になっています)

児童養護施設
乳児院と同じく、家庭での事情で保護者の養育が望めない2歳から18歳までの子供が入所します。年齢に応じて保育内容は大きくかわります。食事、排泄、衣服の着脱などの基本的な生活習慣の指導から健康管理、また、学習指導にまで広範囲にわたって保育士の力が必要とされます。

児童自立支援施設
不良行為を行ったり、行う可能性のある児童、ひきこもり、不登校、虐待など身体的、または精神的に問題を抱える児童が入所します。ここでは、保育士は施設の任用資格である「児童生活指導員」となります。心に傷を負った子ども達が多く集まる施設ですから、保育士の役割も非常に深い範囲に及びます。

母子生活支援施設
配偶者のいない母親と18歳未満のその子供が入所します。保育士は、「母子指導員」、「施設の保育士」として、母親がいない間の子供の保育、家族に対する相談や援助などを行います。

病棟
小児ガンなど、小児科病棟に長期入院している子どもと、病棟内のプレールームやベッドサイドで遊び相手として保育をします。また、母親の外出時には子どもの面倒をベッドサイドでみる事もあります。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ