Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

アラフォーでも間に合う?仕事の幅を持ちたいなら管理栄養士の資格

競争率が高い栄養士の資格「食に関する資格を取りたい」と調理師資格を取る人も多いですよね。でも、「もっとキャリアアップしたい!」そんなお考えの方には管理栄養士の資格がおススメです。

そもそも管理栄養士は病気やけがをしている人の療養に適している栄養について指導をしたり、健康な体作りをするための栄養に関するアドバイスをするのが主な仕事内容。

・・実は私の姉も40歳を過ぎて管理栄養士の資格を取りました。(もともとはIT関係の仕事をしていたのですが、本人自身の健康不良などがあり管理栄養士を目指すことにしたようです。)

37歳で仕事を辞め大学に入り直し、栄養士資格を取得、その後、福祉施設などで3年近く働き無事試験に合格!!長い道のりでしたが、今では市役所で給食などについての職務についています。

そもそも意外なことに栄養に関する国家資格は管理栄養士のみなんですね。それに老人介護施設や病院でも求人がよく行われるくらい非常に需要の高い資格でもあります。

管理栄養士の資格試験はマークシート形式で行われ、合格ラインは全問題の約60%とされています。資格試験の開催は毎年3月に年1回のみ!受験料は6800円となっています。(ただ、受験料は変わる可能性もあります。)

試験会場は北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、岡山県、福岡県、沖縄県です。キャリアアップには非常に有効な資格ですが、管理栄養士の資格試験を受ける場合には受験資格が定められています。

1つめは4年制の管理栄養士施設を卒業し、栄養士資格を取得する方法です。この場合、すぐに受験資格が得られます。もう一つは、2~4年制の栄養士施設施設を卒業し栄養士免許を取得。修行年数+実務経験の合計が5年以上になると受験資格が得られる方法です。

いずれにしても栄養士の免許を取得していることが大前提となるので、栄養士の資格を持っていない人は、まずはこちらの資格取得を目指すことになりますね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ