Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

まずはリストアップ!!挫折しない収納術の基本

収納場所に入りきらない場合最近「断捨離」と言う言葉をよく耳にされると思います。収納術の基本もこの「断捨離」から始まると言っても良いのではないでしょうか。

片付けられない問題の原因は何だと思いますか?それは捨てずに溜まっている「モノ」なのですね。ですから、最初にまず、各部屋に何があるのか全てリストアップすることから始めると良いと思います。

ただ、これが思うほど簡単な事ではないんですよね。ここでいつも嫌になってしまって・・。片づけを断念なんて事も多いです。根性を据えて頑張ってくださいね。どこに何が、どれくらいの量があるのかをきちんと把握していれば片づける手間がかなり省けます。

そして、次に必要なものと不必要なものとを仕分けてください。いわゆる断捨離です。もちろん、思い入れがあって、処分することが躊躇われる物もあるとは思いますが、その思い入れもランク付けしてみてください。本当に特別なものは保管しておくべきですが、1年以上使用していない=不必要なもの!と考えて下さいね。

よく、必要と不必要の間に、保留スペースを作ッてしまいますが、片付けが下手な人はこの保留がどんどん増えてしまってるんです。明確に分別するようにしてくださいね。 仕訳が終わったら、次は使用場所の確認です。 必要なものは、使用頻度の高い場所に置いておくのが便利ですし、ムダな動きも省けます。

リビングで使用するものはリビングに、キッチンで使用するものはキッチンにしまうようにすると、使い勝手もよくなります。包丁や食器ケースをリビングのソファーの横に置くとかなり不便ですよね。そして、これがポイントなんですが、一度使用したものは、必ず元の場所に片付ける習慣を付けて下さい。

この習慣付けができていなければ、部屋はアッと言う間に元通りになってしまいますよ。また、使用頻度が低いものが取り出し難い場所に収納、使用頻度が高いものを取りだし易い場所に収納すると今後の片づけも楽になりますので、心がけて下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ