Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

スッキリ使って衣類を守るクローゼットの収納術!

衣類整理の基本広く使えるようで意外と狭いクローゼット、どうすれば有効活用できるのでしょうか?まず、クローゼットの収納術で大切なことは、掛けておく上着などの長さを統一すること、収納ケースなどを活用することです。

では、どんな収納ケースがおススメでしょうか?これはデッドスペースに合わせて選ぶと失敗が少なくてすみます。仕舞いたい物をハッキリと確認し、それに合わせるようにして下さい。

細々した下着類や装身具、それぞれに適した形・サイズの確認も忘れず行ってくださいね。そしてこの収納ケースの置き場所としては、短い上着などが掛けてある場所、つまりクローゼットの扉の裏が一番適していると思います。

特に引き出し式、キャスター付きの収納ケースを置くと取り出し易く便利ですよ。この場所は取り出しやすさを考慮しておかないと、ものの出し入れがしづらくなってしまい、ストレスになったり、よけいに散らかって片付かなくなってしまいます。

また、服を隙間なくギッチリとポールに掛けてしまうと、湿気がこもってしまいカビが発生する原因となりますので、適当に隙間を空けながら掛けておくようにしてください。そして、使用頻度が低いものは奥に仕舞っておくか、クローゼットの上段にしまって下さい。でも、決して押し込まないで下さいね。

クローゼットの奥になればなるほど湿気が溜まり易くなります。そこに使わない衣類がまとめて塊で置かれていると・・。想像するだけで結果がわかりますよね。きちんとプラスチックケースなどの湿気を通さないケースに収納して片づけるようにして下さいね。

クローゼットの有効活用=隙間なく収納する!ではありません。ある程度の風通しが良くないとポールにかけている衣類にも影響が出てしまいます。上手く隠せるから・・と何でも詰め込まないようにして下さい。そして防虫対策、湿気対策は忘れず行って下さいね。大切な服を傷めてしまわないように、定期的な交換もお忘れなく!



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ