Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

食器の仕分けで使いやすさアップ!便利な食器の収納術

使わない食器は思いきって処分食器が取り出しにくいと、その食器を使わなくなってしまいますよね。ですから、食器の収納では、出し入れのしやすさを最優先にします。

とはいっても、食器の種類は様々で、形やサイズは大きく違っています。ですから、それぞれの食器に合わせた収納方法を考えなくてはいけません。

平らで大きなお皿なら、積み重ねない方が出し入れしやすいです。小さな小皿は必要枚数分だけを積み重ねても、まとめて取り出せるので問題はないですね。

あまり使わない食器を把握する

また、棚に入れる場合には、使う頻度によって、収納する段を決めておくと使いやすいですね。よく使う平皿は取り出し易い中段に、大きなお皿は上段に、形や大きさにまとまりのないお皿は、下段に入れておくと一目見ただけで何があるのかすぐにわかるのではないでしょうか?

また、グラスは似たような種類のものをまとめて入れましょう。割れると厄介なのがガラスです。取り出しにくいところは避けて下さいね。 お茶碗やどんぶりなどを食器棚に入れておく場合、よく使うお茶碗は手前に、あまり使わないどんぶりなどは奥の方に入れておくとスッキリします。

食器を高く積み重ねない

ただ、食器棚を有効利用しようとギュウギュウに食器を詰めてしまうと、必要があって取りだす時に、前に置かれている食器を一度全部取り出さなければなりません。これでは手がひっかっかって、使うのがだんだん嫌になってしまいます。

本当に使う食器だけを厳選し、ラーメンどんぶりなど、なかなか使う機会がないものはキッチンシンク下など、スペースに余裕がある場所に収納するようにして下さい。押し入れなど、離れたところにいれてしまうと完全に忘れてしまう事もありますから、気を付けてくださいね。

必要ない食器は思い切って捨てることも、大切なポイントです。スッキリと片づけ、取り出し易い食器収納を心がけて下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ