Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

何が一番良くない?骨粗そう症を悪化させる原因

骨粗鬆症の予防骨粗しょう症を予防するのに、カルシウムを思い出す人もいることでしょう。けれども、実際には、カルシウムと同じように、リンやマグネシウムが重要な働きをすることが分かっています。

この2つの栄養成分は、私たちの歯や骨を作るときには、絶対に欠かせない成分です。 ですから常に、摂取することを心がけていないと、丈夫な歯や骨が作り出せなくなります。

リンは、必要とされる量が、ごく微量でいいのです。 ですから、そんなに強く意識しなくても、あなたの毎日の食事からほぼ取れています。

けれども、リンは取りすぎになったとしても、大きな悪影響があります。 というのも、リンを大量に取ってしまったら、今度はそれがあなたのカルシウムの邪魔をしてしまうのです。

つまりは大量に取ったリンが、カルシウムがあなたの骨になる過程を妨げてしまうというわけです。 これは、骨粗しょう症のことを考えたときには、不必要な働きです。

リンは、肉類や加工食品に大量に含まれているといわれています。 毎日これらの肉や加工食品を摂取していたら、カルシウムが順調に骨になる過程を傷つけてしまいます。これでは骨粗しょう症を予防するために、カルシウムをたくさん摂取していても、無意味ですね。

毎日の食事の中で、肉類を多くとったり、加工食品をたくさん食べている人は、リンの取りすぎには、十分に注意してください。 そうしなければ、せっかくの努力が、水の泡になってしまう危険性があります。

骨粗しょう症が進行してしまったら、少しの衝撃でも骨折しやすくなってしまいます。 骨折したら、ひどい状況になってしまいますから、骨折しないように十分に注意して下さいね。そこで、最も気をつけなくてはいけないのが「転倒」です。 若い方は、体中に十分な筋肉がついています。 それに、視力もしっかりしています。 ですからそれほど、注意しなくてもいいのです。

けれども、年齢を重ねた高齢者の方は、骨折しないように、転倒には十分に注意をして下さい。 転ばないようにするためには、あなたの身の回りに気を配ることが必要です。転びそうなきっかけになるものは、自分の回りにはおかないほうがいいです。

ほんの些細なことなのですが、その注意をするのか、しないのかによって、転びやすさが変わってきます。 けれども、転びたくないからといって、歩かなくなったり、動かなくなったら、もっと悪影響が大きいです。歩かなかったり、動かなくなったら、たちまち筋肉が低下してしまいます。

そんなことになったら、骨粗しょう症は、さらに悪化してしまうでしょう。 ひどい人になったら、歩けなくなったり、寝たきりにもなってしまうのです。ですから、転ぶことに、十分に注意をしつつも、しっかりと毎日筋肉をつけるために、運動をすることが必要になります。

転倒予防の運動は、歩いたり、ストレッチをしたりするのがいいでしょう。 あまり激しい運動は、適していません。 毎日手軽にできて、骨に負担をかけない運動を上手に取り入れてください。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ