Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

進行状況に応じて変わる真珠腫性中耳炎の治療法

耳垂れが起こることもある中耳炎慢性中耳炎の一つ、真珠腫性中耳炎の初期の治療法を紹介します。この場合の症状は、少し聞こえにくい、耳だれが出るといった状態です。

まずは、鼓膜から出てきたカスを取り除き、鼻から空気を通して中耳内外の気圧を正常に保てるようにします。(これが痛くはないんですが、むず痒い・・)

また、急性中耳炎や滲出性中耳炎を繰り返して鼓膜の穴が塞がらなくなった場合には鼓膜形成術を行いますが、真珠腫性の場合はその穴が段々と大きくなってきますので、鼓室形成法という手術を行います。この形成法にもいくつかのパターンがあります。

(1)耳にある3つの耳小骨のうち、ツチ骨とキヌタ骨の一部が溶けてはいるが、キヌタ骨とアブミ骨の連結が正常な場合 この場合、キヌタ骨に鼓膜を張り、鼓膜とアブミ骨底との面積比で音圧の変換作用を回復させる事ができます。

(2)キヌタ骨とツチ骨の連結は破壊されていても、アブミ骨の動きが正常な場合 キヌタ骨とアブミ骨を取り除き、鼓膜の代わりをする皮膚・筋膜などの移植弁をアブミ骨の頭につけて面積比を正常にし、遮蔽効果(中耳を塞ぐ)を再建します。

(3)アブミ骨の頭が破壊されているが、アブミ骨底板の可動性は保っている場合 蝸牛窓を含む下鼓室から耳間につながる小個室を作り、音圧差を作ります。そしてアブミ骨底板に鼓膜を張り、遮蔽効果を再建します。

このようなパターンがありますが、病巣の広がりや進行によっては乳突削開術型鼓室形成術という手術を行う事があります。これは中耳の周りにある骨の中の乳様突起に病巣がある場合に行われます。ここに病巣がある限り真珠腫を完全に取り除く事ができないのです。再発を防ぐためにもこれも取ってしまう手術です。

真珠腫性中耳炎は進行すると様々な影響を身体に及ぼします。難聴に留まらず、顔面マヒや脳神経にまでも影響が出る事もあります。根気よく治療を続けることと、異変を感じたらすぐに受診する事を心がけて下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ