Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

腰痛の方はくれぐれも無理はしないように!骨盤枕ダイエットの効果的な方法

骨盤ベルトやガードル腰痛に効果があると言われている骨盤枕ダイエット。実際に体験した人達からも、腰痛が改善したという声が多く聞かれます。一口に腰痛と言っても様々な原因で発生しているのです。

その一つに体の歪みが原因で腰痛が発生している場合があります。骨盤枕ダイエットは体の歪みを矯正できる方法です。体の歪みから来る腰痛持ちの方には、向いている方法ではないでしょうか。

ただ、効果が高まりそうだから・・と、骨盤枕をあまり太く調整しないようにして下さいね。骨盤枕を使ったことにより、かえって腰痛を悪化させかねません。

自分で骨盤枕を作る場合も、太くならないように出来るだけ注意し、最初は直径5~8cmから始め、自分の体に合わせて調節して下さい。また、特に腰痛はないから・・と骨盤枕を10cm以上にしてしまうと、腰にかかる負担が大きくなり、腰痛を引き起こす原因にもなります。

腰痛の解消目的で骨盤枕ダイエットを始めようと思っている方は特に無理をしないでくださいね。そして、骨盤枕ダイエットが終わり起き上がる時にも、ゆっくりと、体に痛みを感じない向きを自分で調整しながら起き上がって下さい。無理に腹筋を使って起き上がろうとすると筋肉までも傷めてしまいます。

強い腰痛がある場合は、ある程度痛みが治まるまで骨盤枕ダイエットは避けて下さい。腰に余計な負荷をかけてしまいます。状態が悪化してしまうこともあるので、腰に痛みがある日(その前後ぐらい)は避けてください。

骨盤枕ダイエットは体のシェイプアップを目的とするダイエット運動です。その副効果で腰痛改善があるのですから、治療目的で始めるのはあまりおすすめできないです。そういった場合はリハビリの専門家の方の指導のもとに腰痛軽減の運動をして下さい。

ただ、腰痛予防としては体のゆがみを直す骨盤枕ダイエットはとても効果があります。強い痛みを感じるわけではないけれど、時に腰にダルさを感じたり、疲れを感じるような時には予防目的で始めてみるのも良いかもしれないですね。

誰でも簡単に効果がだせる骨盤枕ダイエット。でも、全く注意点がないわけではありません。特に初めて骨盤枕ダイエットを行うという人は、注意点をしっかり守ってやるようにしてくださいね。

無理をしない

骨盤枕を置く位置によっても、体勢をキープする時間は変わりますが、どの部位であれ長くて5分ほどのダイエットです。少しでも早く効果を上げたいから・・と10分、20分と伸ばさないで下さい。効果が倍になっていくわけではありませんし、逆に体の筋肉を痛めてしまいます。長時間行うことでカロリーが消費される運動などでは、時間を長くすることはとても効果を高めてくれます。

でも、そもそも骨盤枕ダイエットは骨盤を矯正する為に行います。長時間の矯正が効果を上げるのではなく、継続して行う事に効果が現れます。

姿勢をキープする

同じ姿勢を5分間キープするのは結構きついです。私も最初、骨盤枕ダイエットを始めた時は5分が10分にも感じました。ついつい、膝を曲げたくなってしまいます。でも、それでは効果がきちんとは現れません。正しい姿勢でキープできなければあまり効果が実感できなですよ。

骨盤枕ダイエットを行う場所

これはどこで行うと言う事ですが、意外と大切なポイントなんです。フローリングのような硬い床がおススメですが、畳や薄手のカーペットの上でも十分問題ないと思います。ベッド等の柔らかい場所の上で行ってしまうと、思っているような効果が出ないばかりか、腰を痛める原因にもなってしまいますので注意して下さいね。

骨盤枕ダイエットを行うタイミング

体がリラックスしている時に行うと効果的です。一番おススメはお風呂上りの体が温まっていてリラックスしている時です。逆に避けて欲しいのが朝起きた直後の筋肉がまだ硬い時です。こういった注意をしっかり守って正しい骨盤枕ダイエットを行うと結果がそれに伴ってきますョ。無理せず、体に合わせた骨盤枕ダイエットをやって下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ