Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

骨盤のゆがみを治せば生理痛が改善するかも?体操で生理痛対策をしよう

女性特有の生理痛女性の「生理痛」、これは感じる方と感じない方に分かれるようですが、ひどい人は本当にひどいんですよね。

私もとてもひどい生理痛に悩まされています。まず朝、起き上がった瞬間にお腹に「ドーン」と衝撃が走るような痛みが来て、その後は痛みの波が次々に襲いかかります。粉薬を水無しで飲んでも味が分からないぐらいの痛みなんですね。

あまりひどい時には産婦人科でホルモン剤を処方してもらっています。(できるだけ薬に頼らず自然に治したいんですがね)

ところがこの生理痛、骨盤のゆがみにも関係があるんです。つまり、骨盤や体のバランスが正しく保たれていないと生理痛が悪化してしまう可能性があるんですんね。でも、「骨盤と生理痛」、一体どんな関係なのでしょうか?

それは、骨盤の中には女性特有の臓器、というか、女性にしかない臓器の子宮や卵巣があることに関係があります。骨盤のゆがみでこれらの臓器への血行が悪くなってしまうと、子宮の収縮などにも影響が及び、生理痛が悪化してしまうんです。

そして、恐ろしいことに「骨盤が歪む=臓器が入っている場所自体がゆがんでいる」というわけなですから、それに合わせて子宮や卵巣にもゆがみが生じてしまいます。何だか一刻も早く骨盤矯正をしたくなるような話ですね。

こういった子宮や卵巣のゆがみは排卵やホルモン分泌にも影響を及ぼしてしまうので、気を付けて下さいね。思春期の場合、体の成長途中なため「生理痛」が起こりやすく、また、10代後半から30代までぐらいの女性はストレスによるホルモンバランスの崩れによる生理痛が多いです。

そして出産を経た女性の場合は、出産時の骨盤の開きが原因で骨盤がゆがんでしまい、産後から急に生理痛を感じ始める方が多くおられます。特に出産後に生理痛を感じ始める女性は、矯正体操などで正しい位置に骨盤を戻すことが重要です。ただ、「生理痛まっ盛り」の時に体操をしている余裕なんてありませんよね。ある程度症状が落ち着いてから行うようにして下さいね。

もちろん、骨盤矯正体操以外にも生理痛を緩和する体操もありますので、生理痛が始まる前の「準備体操」として取りいれてみて下さい。ちなみに私の「生理痛真っ最中の体操」は腹式呼吸です。

痛みが強い時に行うのは本当に辛いんですが、体にたっぷり酸素を入れるようにお腹を使って2分程呼吸を続けます。私的にはかなり痛みが緩和されますよ。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ