Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

3つのポイントで選ぶペットが飼えるマンション探し

ペットと暮らせる部屋探しペットを飼っておられる方にとって忘れてならないのが「ペットの引越し」ですよね。車で行ける距離での引越しであれば何とか車で運ぶことも可能ですが、公共の乗り物などを利用する場合には、自分達ではペットを運ぶのが難しい事もあります。

そういった場合には、ペットを輸送してくれる業者に依頼する事ができますが、ペットの安全を守るためにも事前にしっかりと準備をするようにしてくださいね。

(1)対象のペットであるか
ペットの種類や状態によっては引越し業者に依頼しても断られる事があります。健康な犬や猫であれば、ペット輸送業者では問題なく引き受けて貰えます。

でも、中には飼い主にとっては「ペット」であっても、世間一般の常識から考えれば、「ペットとして扱えない」動物や、ペットとして飼うことが認められていない動物などもあります。また、「ペット」であっても家畜(馬や牛など・・?)などは対象外となる事が多いと思います。

また、生後間もないペットの場合、体力も弱く、抵抗力もない為、輸送中に弱ってしまう可能性が非常に高いです。業者によっては引き受けてもらえないことがあります。(半年以上経過しているペットであればそれ程問題無く引き受けてくれると思います)

(2)餌や散歩
長距離の移動の場合、ペットにも食事を与えて欲しいですよね。ですが、慣れない乗り物で「車酔い」をしたり、輸送中の衝撃などで吐いてしまうペットも多いです。衛生的にもあまり良くありませんから、こういった状態を避けるため餌を準備していたとしても、、与えないとしている業者も多いです。

(3)補償
ペット業者は最新の注意を払ってペットの輸送を行っていますが、「万が一の事態」という事も起こりえます。途中で事故などに遭ってペットが怪我などをした場合、業者によって補償の仕方も異なってきますので、これも事前にしっかりと確認しておいて下さい。また、時間的に可能であれば、複数のペット輸送業者の話を聞かれる事をお勧めします。大切なペットが快適に引越し出来るよう、しっかりとチェックしてみて下さい。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ