Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

親の世代とは全く違う!今どきの中学受験事情

中学受験の問題私達(?)が子どもの頃、中学受験をする友達は少なかったと思います。それが今ではまるで二者択一のように身近な問題になってきています。

そして中学受験を希望する子どもの数は、年々増加しているのです。その原因は何にあるのでしょうか? 始まりは「ゆとり教育」が始まった約10年前ぐらいからだと言われています。

その内容は、新しい指導要領であり、学習内容が3割程度少なくなること、完全週休5日制になることでした。もちろん、その言葉通り子供たちにとっては、ゆとりのある生活が送れるようになったので、勉強以外のことにもチャレンジ出来る時間が生まれました。

お稽古に通う子供がドッと増えましたし、家族と過ごす時間も増えました。しかしその反面、親たちには不安も出始めたのです。

つまり、学習内容が少なくなってしまう=子供の学力低下への不安、という不安なのです。学力低下⇒進学への不安⇒将来の学歴への不安・・とどんどん不安が膨らんでいき、学力向上の環境を求めたり、大学までの一貫教育を求めて中学受験を希望する人が増えていったようです。

では実際の受験者数はどうなのでしょうか。 中学受験が特に多い首都圏では、人気が高まりだした当時は10人程度に1人という割合だったのが、今では5人に1人が受験するという高い割合をだしています。この数字だけでも中学受験の人気の程が分かりますよね。 でも、中学受験を希望=実際に入学できる、なんて甘い現実ではありません。

受け入れる児童の数には限りがありますので、中学受験が難関だと言われるのですね。この10年近く、日本は「少子化」という問題を抱えています。受験率は低下又は横ばいになりそうですよね。でも、中学受験の対象となる児童の数が減少しているのに受験率は高くなっているのが現状なんです。

これは教育に関心の高い親たちが増えているからなんですね。この状況は、今後も続くでしょうし、ますます過熱されていく事も予想されます。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ