Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

お互いのイメージの不一致には十分にご注意を!美容整形でありうる失敗とは?

整形は自己満足の世界美容整形で「失敗」と聞くとドキッとしてしまいます。でも、美容整形自体は「本来あるべきもの」の形を変えてしまうものです。体の側にたって言い換えると「自然な形であった物を不自然な形に変える」ことです。

100%失敗がないと言い切ることは出来ませんよね。でも、「それでも美容整形をしたい」という気持ちがあるから、自分を変えられる美容整形に皆さん踏み切られるのです。

価格が安いからというだけで選ばない

でも、大切なのは「失敗を恐れない」という気持ちよりも、「失敗しないためにはどうすればいいのか」を考える事なんですね。では、そもそもどんな失敗が美容整形では起こるのでしょうか。

ありがちな失敗の中でも特に多いのは・・、「二重まぶたの美容整形を受けたのにもとに戻ってしまった」、「豊胸手術で胸に入れたシリコンバッグが変形してしまった」などがあります。

こういった失敗はやり直しがきくものですから、「取り返しがつかない失敗・・」ではありませんし、やり直すことも比較的簡単です。また、施術を行った医師の技術力によるものが大きくもあります。

イメージしていた仕上がりと違うというケース

美容整形外科として「どこを選択するか」ということにも大きく関係してきます。出来るだけ評価が高いところを選ぶのは当然ですが、その評価をチェックする時には実際のそのクリニックで「失敗した時にどういった対応をしているのか?」という事も必ずチェックするようにして下さいね。

そして意外に多い失敗が、「施術後のギャップ」なんですね。つまり、「自分が思っていた通りに完成しなかった」ということです。

特に二重まぶたなどの美容整形の場合、「二重のラインの深さ・幅、二重自体の大きさ」など非常に微妙なバランスがあります。1ミリの違いはかなり大きな印象の違いにもなってしまいます。

それに、自分の「仕上がりイメージ図」を合成写真などで見ても、実際に仕上がった状態ではかなり立体的になりますから「なんだかイメージと違う・・」という事にもなります。

こういったイメージの伝え方、受け取り方の相違による「仕上がりギャップ」は失敗と呼ぶのもおかしい気がしますが、まあ、成功でもありませんよね。

担当医の技術不足が原因である場合もありますが、「お互いの意思の疎通が十分であったか?」という事も言えると思います。自分ではしっかり伝えきれた!と思っていても、受け取る側の感覚ではまた違ってしまいます。

カウンセリングを何回も重ね、お互いの「認識のズレ」を出来るだけ少なくするようにして下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ