Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

食べると気持ちが悪くなってしまう「吐きづわり」

寝ているか吐いているかつわりの代表的な物として、呼ばれるつわりがあります。この吐き気というのは、つわりに一番多い症状でもあり、つわりを経験した方のほとんどが、この吐きづわりを訴えておられます。

ただ、一口に吐きづわりと言っても、その程度には個人差があります。一日中吐き気に悩まされる方もいれば、吐き気はあるが嘔吐までは至らないという方もおられます。

また、吐き気を感じるタイミングも様々なんですね。私が経験した吐きづわりは、空腹時に吐き気があり、嘔吐にまではなりませんが胃がドス~ンと重い感じがしました。こういった吐き気や嘔吐、胃のムカツキというのは非常に苦しいものです。

でも、妊娠初期の段階で薬に頼るわけにはいきませんし、じっと過ぎ去るのを我慢をするしか方法はないのですね。次に、吐きづわりで一番注意をしなければならないことをご紹介します。 まず、脱水症状が一番危険です。

食べ物を吐くのはまだ仕方がないとしても、水を飲んでも吐くという場合は、脱水症状に陥ってしまう可能性が高くなります。脱水症状になっているかどうかの判断基準としては、トイレの回数が減少、体重がぐんと減ったような場合です。

明らかな変化がある場合は、病院に行って診察してもらうようにしてくださいね。 吐きづわりの場合、食事の問題が大きな悩みにもなります。調子の良い時間帯を見計らって少しずつ食事を摂るようにしたり、胃に優しい物を摂るようにして下さいね。

妊娠初期、つまりつわりの時期には、あまり赤ちゃんへの栄養は考えなくても大丈夫です。食べたいもの、食べられる物だけを食べるようにし、体力温存を心がけてくださいね。また、食事の度に吐いていても、ある程度は吸収されますから、心配はありません。ただ、あまりにも吐き気がひどく、体力の衰えが著しい場合には、早めの受診を心がけて下さいね。

吐きづわりで悩まされていた方の中にあは、つわりが終わると急に食欲がわいてきて、「取り戻すぞ!」との勢いで食べてしまう方も多いようです。妊娠中は体重管理も大切ですので、食事量には気を付けるようにして下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ