Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

震災発生後、最大3日間しのぐための地震対策

震災発生直後の対応「地震大国」と言われる日本。「ツナミ」と言う言葉が外国でも通じるようになるほどです。また、近年では阪神・淡路大震災と東日本大震災という非常に大きな大震災が起こってしまいました。

特に東日本大震災ではそれまであった地震対策を覆してしまうほどの深刻な被害を各地に与えました。もちろんこの震災に教訓を得て、建物の耐震性チェックや避難訓練なども熱心に行われるようになりましたし、災害グッズなどを常備する家庭も増えてきています。

それでも、いくら準備を整えても、震災の最中に自分の命を守るのは自分の知識です。そこで、様々ある地震対策のなかから、特に室内の安全確保と避難の2点にしぼって、もう一度確認してみてはどうでしょうか。

寝室や子ども部屋、廊下、階段、玄関には、背の高い家具を置かないようにする。
特に玄関などには靴箱を設置する事が多いですが、これが転倒してケガの原因になったり、避難時に障害になってしまう事があります。

落下物の注意
棚の上などは収納スペースとして有効利用したい!とついつい思ってしまいますが、出来るだけ軽いものをおくようにして下さい。お祝いやお中元などで貰った陶器セットやガラス製品などが落下してくると非常に危険です。頭に当たって怪我をするだけでなく、床に散らばった破片で怪我をすることもあります。

地震発生時の安全確保、避難対策
これは学校などでも繰り返し訓練を受けているのでご存知の方も多いと思いますが、大まかにまとめてみました。

  • すぐに頑丈な机の下などにもぐり、体を丸めて頭を守る。
  • 強い揺れがおさまってから行動する。揺り返しが起こることも多いので、行動に移すタイミングは慎重に選ぶ。
  • 避難時にはまず、靴を履く→避難出口となるドアや窓を開ける→火を消す→持ち出し品 を揃える→ガスの元栓を閉める、ブレーカーをOFFにする。この順番で行うようにして下さい。まず靴を履くのは床に散った落下物による怪我を 防ぐためです。
  •  外に出る前に、窓などから外の状況を確認し、さらにテレビやラジオで正しい災害情報を収集する。
  •  避難所に避難する場合、マスク、帽子、軍手などで体を守り、落下物や危険物に注意しながら避難します。また、通 常の避難経路が道路の断裂や障害物などにより利用できない場合も多くあります。パニックになってウロウロすると危険ですから、別ルートを速やかに探して避難するようにして下さい。

また小さな子どもや高齢者を伴った非難の場合は非常に危険が伴う事が多いです。焦ってむやみに外に出るよりも、救助隊の到着を待った方が良い時もあります。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ