Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

間違えないで!出産季節によってこんなに違う出産準備!

出産準備品リスト四季がはっきりとしている日本では赤ちゃんの生まれる季節によって、出産準備も事なってきます。出産予定日がわかったら、そこからお腹の赤ちゃんの月齢、それに応じた季節を考え出産準備プランを立てて下さい。

でも「今は夏だから冬に生まれる赤ちゃんに何が必要かピンとこない・・」という事もあります。各季節に必要な出産準備品を大まかにご紹介するので参考にしてみて下さい。

春生まれ

出産後の赤ちゃんの首が据わる頃には暑い季節になります。分厚いベビー布団は不要ですし、肌着も夏物を準備し、上からはおれる物を用意しておいて下さい。ただ、春生まれであっても、3月頃だとまだ朝晩は肌寒かったり、雪が降ることもあります。フリースのようなブランケットなどを調節ように用意しておいて下さい。

夏生まれ

生まれてすぐは気温が高い時期という事もあり、汗疹が出来やすいです。コマメに気がえをしたり、体を拭く必要がありますから、肌着やガーゼは多い目に準備しておきます。

でも、それ以外では夜間に起きても体が冷える事もありませんし、お風呂の後の湯冷めも無いのでお世話するには一番やりやすい季節ではないでしょうか。それに首が据わる頃には涼しくなり始めますから、産着から乳児服等の買い替えもスムーズです。

秋生まれ

家に帰った来たしばらくは過ごし易いですが、すぐに朝晩の気温がどんどん下がっていきます。一日の温度差が大きい季節ですので赤ちゃんとママの両方の体調管理に気を付けて下さい。日中は暑くても、夜間は冷え込みますから上に羽織る物を用意したり、少し厚い目のお布団を用意します。春生まれの赤ちゃんと同じく肌着の上にはおれるベビー服も用意しておいて下さい。

冬生まれ

ベビー布団は毛布付きにして下さい。また、靴下や脚元までくるめるベビー服があると便利です。お尻を拭いたりする時にもおしりふきが冷たく、赤ちゃんが泣いてしまう事もあるのでお湯などでお尻を拭く事をおススメします。また、お風呂上がりに湯冷めしやすい季節ですので、お風呂場専用の暖房等もあると便利です。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ