Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

子供の数がどんどん減っている中での保育士のニーズ

児童館・子育て支援センターなどの仕事今、少子化といわれていますが、その原因は何だと思われますか?

子どもを持つ事に躊躇する家庭が増えているからなんですね。でも、どうして子どもを持つ事に躊躇するのでしょうか。女性の場合ですが、産後一定期間の休職後、職場復帰を求める方が多くなってきているのですね。

もちろん、会社側もそれは問題なく受け入れていますから良いのですが、会社に一歳の赤ちゃんを連れて行く訳にはいきませんよね。そうなると、子どもを保育所などの施設に預けなければなりません。ところが、女性の社会進出にそういった機能が追いついていないのです。

つまり、預けたいお母さん達の順番待ち=待機児童が年々増えてきて、預けにくくなっているのです。これが少子化の大きな原因の一つといわれています。もちろん、国も保育施設の規制緩和を行い、より多くの子供を受け入れられるように調整を始めています。

でも、保育施設ばかりが広くなったり、増えるだけではダメですよね。そこで働く保育士も必要になってきます。また、公的、私的な保育所ばかりではありません。民間の託児所や会社など職場内の託児所も求められています。

規制緩和に応じて様々な施設でも、保育設備を常設して行く方針を立てつつあります。それぞれの施設でも保育士がもとめられているのです。子どもの数が減っているのに、保育士の需要が増える、、というのは不思議な話ですが、これが今、日本で現実に起きていることなのですね。

子どもを安心して預けられる=子どもを産んでも仕事を続けられる=子どもを産む、少々強引な発想かもしれませんが、少子化問題の根本を解決すれば少子化防止にも繋がります。その為にも、保育士のニーズはこれからも増えて行くのではないでしょうか。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ