Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

どうやって選べばいい?災害時に役立つ保存食

蓄えておきたい非常食地震などの災害が発生すると、交通網が遮断されてしまうので、コンビニやスーパーが営業不可能になってしまいます。日頃から、防災グッズを確認して1週間分の食料品を備蓄しておく必要があります。特に家族が多い場合は、人数分の保存食品を確保しておいた方がいいでしょう。

特に大きな地震が発生すると、電気や水道、ガスの供給がストップするので、電子レンジやガス器具も使用できなくなってしまいます。ですから、レトルト食品やカップ麺などを備蓄しても食べられません。 災害時に役立つのは、加熱しなくてもすぐに食べれれる食料品です。

防災グッズとセット販売されている場合は、保存期間が長く賞味期限に余裕があります。特に缶詰や真空パック入りの食品なら、加熱しなくてもすぐに食べることができます。スーパーやコンビニが再開した時に、生活必需品や食料品を自由に購入できない場合もあります。

世帯や家族数に合わせて、決められた量だけ購入したり、好みの製品が手に入らないこともあります。せっかく並んでいるのに、売り切れてしまうがあるかも知れません。普通の生活では考えられない不便さを体験することになるでしょう。地震災害の後は、普通の生活に戻るまで、どれくらいかかるかわかりません。

スーパーやコンビニを頼りにしても、生活必需品が手に入らないこともあるでしょう。日頃から、防災グッズとして生活必需品と賞味期限の長い食料品を備えておく必要があります。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ