Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

喉が痛くなってからではダメ!緑茶の渋味で風邪予防

風邪の予防にお茶でうがい一年を通して人を悩ませる風邪。手洗いウガイで風邪を予防することは必須条件です。でも、それ以外にも予防する方法があります。それがお茶を使った風邪予防。

「でも、お茶で・・?どんなお茶で・・?」と思いますよね。風邪予防におススメのお茶として一番いいのが「緑茶」です。というのも緑茶には、カテキンが豊富に含まれているからなんですね。

カテキンには抗酸化作用があります。これは活性酸素を除去してくれる働きですが、活性酸素が除去されることで血液の循環が良くなり、代謝を上げ、体内循環を向上させ免疫力を上げてくれるのです。

毎日お茶を飲んでいる人は風邪を引きにくいといわれますが、これにはカテキンの働きが大きく関係しているからなのですね~。

それに、私の子供の小学校でインフルエンザが大流行した時、「緑茶でウガイ」が一番の予防効果があるといわれました。緑茶効果って本当にすごいんですね。では、より良い効果を出すためにどんな緑茶の淹れ方がいいのでしょうか。

まず、お湯の温度は80度がいいとされています。(ただし、うがい用の緑茶は冷めたものを使用してくださいね。やけどしてしまいますよ) 急須で緑茶を入れる場合、当然ながら2杯目、3杯目のものよりも1杯目のほうが成分が濃く出ます。

風邪予防にはしっかりとお茶の成分が抽出されている方がいいので、「まだまだ使えそうだから・・」と出がらしを使うのは避けて下さいね。ただ、緑茶にはカフェインも含まれています。午後以降に緑茶を飲んでしまうと睡眠に影響が出る・・という方は、緑茶は午前中だけにとどめ、残った分はウガイ用に。

午後からは生姜湯などで体温維持をしてみてはどうでしょうか。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ