Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

諦める前にまず予防!加齢による骨粗そう症

閉経後の骨粗しょう症骨粗しょう症の原因は、いくつか考えられます。 しかし、その中でも最も大きいのは、加齢によるものです。ほかにも原因があるのですが、加齢がもっともあなたの骨を弱くしてしまうのです。 しかしながら、人間誰でも年をとってしまいます。

そのために、加齢に伴う骨粗しょう症は、防げないのが実情です。 骨の強さは、「骨密度」で表されます。骨は小さいときから作られて、20代前半で一番丈夫になるといいます。 そこをピークにして後は、骨密度は弱まっていくばかりです。

特に、40代から50代を迎えるころからは、目に見えて骨密度が少なくなっていきます。 若いころは、骨密度を保つために、カルシウムがたくさん取り込まれていきます。けれどもだんだんと、カルシウムの吸収が鈍くなってしまい、骨の中にカルシウムが取り込まれなくなっていきます。

こうなってしまったら、骨粗しょう症にかかってしまう兆候になります。 誰でも年齢を重ねることによる、骨粗しょう症は避けられないのですが、その速度を遅らせることは可能です。それは、毎日規則正しい生活を送ることです。 バランスの取れた食事をすることも重要です。 食べ物から、十分な栄養成分を補給したら、骨も強くキープされるからです。

また、睡眠時間をしっかりとることも骨粗しょう症の予防になります。 ぐっすり眠ったら、体の機能が強くなって、骨粗しょう症をしっかりと予防できるでしょう。このように、毎日規則正しい生活をすることによって、少しずつ骨粗しょう症は防ぐことが可能になります。

骨粗しょう症の詳しい病状については、あまりよく知られていません。 ですから、多くの人がこの病気の本当の症状や恐ろしさを、知らないままなのではないでしょうか?また、骨粗しょう症はどこかが痛くなったり、自覚症状が出にくい病気です。 そのために、自分がかかっているのかどうか、分かっていない人が大多数です。

骨折をしたりして、初めて自分が骨粗しょう症だということに、気がつくのです。 また、骨粗しょう症は加齢が原因だから、治療のしようがないと、あきらめてしまう人も多くいます。そのために、あまりこの病気は治療を受ける人が少ないです。 けれども、もし自分の骨が折れやすくなったら、健康な日常生活は送れなくなってしまいます。

すぐに骨折したら、健康とはいえません。 また、骨粗しょう症がかなり進行した段階で、初めて自覚症状が表れてきます。初期の段階では、ほとんど自覚症状がありません。 進行期になって表れてくる自覚症状は、まず痛みです。 腰や、ひざ、肩、足などの骨が痛んできます。

これはかなり厳しい痛みで、つらい症状です。 ですから、ここまで進行する前に、自分で骨粗しょう症を発見して、予防することが重要になってきます。進行期になって痛みを感じ始めた段階では、有効な治療方法もまだ見つかっていないのが、現状だからです。

痛みを感じ始めるまで症状が進んでしまったら、かなり骨折しやすくなります。 そうなったら、健康とは程遠くなります。骨の健康を気にして、骨粗しょう症にならないように、十分に注意したいですね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ