Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

どんなことをするの?私立中学の試験内容

私立中学校の入試問題私立中学の場合、入試等で求められるモノは「学力」又は「学校のカラーに合うか」という判断基準です。では、実際に行われている選抜方法をご紹介します。 「学力試験」=学力の判定に重点を置く中学(難関校が多いです)

では、主要4科目の学力試験を行うところが多いです。

・国語、算数の2科目試験

・国語、算数、理科の3科目試験

・国語、算数、理科、社会の4科目試験

これらのパターンから学校の方針にで学力試験が行われるのが一般的です。また、英語教育に力を入れている学校では、英語の試験が採用されている学校もあるようですが、小学児童英語では文法や筆記は、基本的に学習しない方針となっています。

英語の試験を取り入れている学校の試験の出題傾向の下調べは十分に行って下さいね。私立校の学力試験は、それぞれ特徴があるようです。今は中学入試の赤本(!)や過去問も豊富ですので、出題傾向をしっかり抑えるようにして下さい。

面接試験
小学校のいわゆる「お受験」とは異なり、それ程神経質になる必要はありません。
・親子面接

・子供面接

・子供のグループ面接

中学での面接試験は、合否にはそれほど大きな影響を及ぼしません。ただ、私立校では学校の校風=カラーに合う子どもを求める傾向がありますので、常識を逸脱するような受け答えは可能性を引き下げるモノだと思って下さい。

面接試験の基本的な知識や能力を最低限習得おいた方がいいと思います。 試験のレベル、出題傾向なども年々変化して行くものです。常に対応できるよう、入念な準備が必要ですね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ