Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

どうすれば効果的?効率的なカルシウム摂取と骨密度の変化

カルシウム摂取には牛乳が一番骨粗しょう症を予防するためにも、進行を遅らせるためにも、重要になってくるのが、カルシウムをたくさん取ることです。

骨を作ったりするのに、カルシウムが大切だということが頭で分かっていても、実際にどのようにして摂取したらいいのかが、よく分からない方もたくさんいらっしゃるでしょう。

そこで、いかにしたらカルシウムが効率よく取れるのかということを、ご紹介いたします。 そのときに最も重要になってくるのが、毎日の食事です。

毎日の食事からきちんとカルシウムを摂取できたら、骨もそれだけ強くなってくれます。 また、カルシウムを効率よくとるためには、その組み合わせも重要です。

カルシウムが多く含まれている食品は、いくつかあります。 その代表的なものが、大豆製品や乳製品です。どちらも、種類がたくさんあって、良質なカルシウムを摂取できます。 また、日本人の食卓によく並ぶ魚介類も、かなりのカルシウムを含んでいます。

ですから、毎日このようなカルシウムを取れる食品を、積極的に食べるようにしましょう。 それだけでも、あなたの骨密度はかなり高くなるはずです。そして、もうひとつ、骨粗しょう症を防ぐために、カルシウムを効率的に取るポイントがあります。

それは、一緒に、ビタミンDを摂取することです。 ビタミンDには、カルシウムが、あなたの体に定着されやすくなるような働きがあるのです。この働きによって、よりカルシウムが効率的に摂取できるようになります。骨粗しょう症の診断をするときには、必ず骨密度を測ります。 この数字によって、あなたの骨の丈夫さが分かるのです。

また骨の中に、カルシウムやマグネシウム、ミネラルなどの必要な栄養成分がどれくらい含まれているのかも、すぐに分かるようになっています。私たちは成長をしていくと、徐々に骨密度が高くなっていきます。 そして、健康な骨が作られていくのです。 だいたい、20代のころが最も骨密度が高くなるといわれています。

その安定した状態が、30代ころまでは続いていきます。 けれども、30代の後半から40代にかけて、骨密度はすぐに低くなるのです。これは、もうすでに私たちの体が老化を始めてしまったという証拠になります。 20代の骨密度が高かったときの状況とは違って、私たちの体はすでに老化をしているのです。

このように、骨密度は年齢によって変化していくものです。 いつまでも、若いころのような骨密度を維持はできないです。 特に女性は、閉経した後から急速なスピードで骨粗しょう症が進んでいきます。これは、女性ホルモンの変化とも大きくかかわってきます。 そのために、閉経した後で、骨粗しょう症が一気に進行していきます。

そうなったら、骨がスカスカになってしまい、骨折しやすくなります。 年をとってから、骨折をしたら治りにくく、寝たきりの原因にもなってきます。ですから、若いうちからたっぷりのカルシウムを取って、骨粗しょう症にならないように、十分に注意したいですね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ