Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

べたつかず、 潤いにやさしく包まれたはずむような肌へ

豊かなうるおいが角層まで浸透洗顔の後のケアは万全でしょうか?

中には化粧水のみを付け、乳液やクリームは塗っていない・・という人もいるようです。でも、化粧水は保水効果は優れていますが、保湿効果はそれ程高くありません。

それを保湿してくれるのが乳液やクリームなんですね。たっぷりと補給した水分をしっかりと肌の奥に保湿するためのモノです。

では、乳液とクリームの違いは何でしょうか。大きく違うのは含まれている水分量と油分量の違いなんです。見た目の違いからも想像できるように、乳液のほうが水分量が多く、クリームのほうが油分量が多いです。これを知ってちゃんと使い分けると肌の状態も安定します。

乾燥肌で肌の潤いが少ない方は、油分が足りてないんですね。化粧水で保水、乳液で保湿、さらにクリームでしっかり水分を閉じ込めるぐらいが良いです。できるだけ乳液とクリームの両方を使う事をおススメします。

ただ、化粧水を省いてイキナリ乳液をつけるのは避けて下さいね。乳液にも水分と油分が含まれていますが、最初から乳液だけを付けると、水分がなかなか浸透してくれません。また、化粧水は肌を柔らかくし、美容成分の浸透を助けてくれる働きもありますので必ず化粧水で肌を潤してから乳液を使って下さい。

また、同じ乾燥肌でもその原因が油分不足のみにある場合は、乳液を省いても大丈夫ですよ。化粧水をたっぷり付けた後、クリームを付けてしっかり保湿して下さい。脂性の方は化粧水、乳液の後、少量のクリームにするなど、自分の肌に合わせて使う量を調節して下さいね。

また、クリームは顔全体に付けるのタイプや乾燥が気になる部分にのみ付けるタイプ等いろいろあります。自分の肌の悩みに合わせて使い分けてもいいですね。 いつまでも潤いのある肌が良いですよね。その為にもしっかりと保水・保湿をして下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ