Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

マラソン前にタバコやアルコールは控えるべきか

タバコを止めたら体調が改善喫煙者、お酒好きの方にとっては辛い話ですが、マラソンをされるのなら、タバコとアルコールは控えるようにして下さい。これは健康のために・・と言うだけでなく、マラソン時に体に害を与えてしまう事があるからなんです。ここに大まかではありますが、タバコとアルコールがもたらす「害」について説明させて頂きますね。

(1)タバコ

心肺機能にダメージを与えます。タバコに含まれている有害物質は様々ありあすが、中でも一番問題なのが一酸化炭素なんですね。通常、呼吸をすると、「肺の中で不要な二酸化炭素を排出、新鮮な酸素を送り込む」というサイクルになっています。

そして体内に入った酸素はヘモグロビンと結合して体中の細胞へと送られていきます。このヘモグロビンは赤血球に含まれるタンパク質で、酸素分子と結び付きやすい性質を持っています。だから酸素を体内に運べるんですね。

でも、体内に一酸化炭素があると、このタンパク質は酸素よりも一酸化炭素と結合する作用が強く働くのです。しかも、その結び付く強さは酸素の250倍ともいわれており、それだけ結合してしまうと、当然ながらその分酸素量が減ってしまうんです。

つまりタバコを吸うことで体内に一酸化炭素が残り、運動に必要な酸素が運ばれずに運動機能が低下してしまうという事なんです。もちろんこれはランニング能力を下げてしまいますから、マラソンをはじめる前には出来るだけ禁煙するようにして下さいね。

(2)アルコール

アルコールの摂取はマラソン前には厳禁だとされているみたいです。それはアルコールには脱水作用があるからなんですね。アルコールが体内に入ると、脳下垂体後葉にある抗利尿ホルモンが抑制されてしまい、その結果排尿が促進されます。「排尿作用が強い=体内の水分量の低下」となります。でも、マラソンでは長時間走るため水分補給が必要不可欠です。

アルコールを飲むことで脱水症が引き起こされるかもしれませんので、絶対にランニング前は飲まないようにして下さいね。 せっかくマラソンを始めるのです。これを機会に禁煙にトライされるのも良いかもしれませんよ。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ