Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

雨にも負けず!室内での練習はマラソンに使う筋力の強化を

雨の中のジョギングマラソンを始めると毎日続けたくなりますよね。でも、山の多い日本の気候では、毎日が晴天続きという訳にもいきません。当然雨降りの日もあります。では、雨が降ったらマラソンのトレーニングはどうやってやればいいのでしょうか?

「たまには筋肉を休める」とお休みするのも一つの方法ですが、梅雨の季節ではそのお休みが数日続いてしまう可能性もあります。どうすればいいでしょうか。

小雨であれば何とか頑張ってマラソンをする事は出来ます。でも、季節によっては風邪を引く可能性もありますし、また、雨で足元が滑りやすくなっているので怪我をしてしまう危険性も高いです。

走るトレーニングをして怪我をしてしまうのも何だか勿体ないですよね。そんな日は、室内トレーニングに切り替えてみてはいかがでしょうか。

マラソンでも全身の筋肉を使いますから、走るのに必要な筋肉を鍛える時間として有効活用してみるのも良いと思います。「でも、わざわざトレーニングジムに行くのは・・」と思っておられる方、ご安心ください。自宅でも出来る筋トレメニューがあるのでご紹介しますね。

では、まずストレッチで全身の筋肉を伸ばし、よく温め、ほぐします。このストレッチをする事で筋トレの効果も高まりますし、怪我の予防にもつながりますよ。次に、いよいよトレーニングです。このトレーニングでは主に「お腹、脚、腕の筋肉」を中心に鍛えます。

お腹の筋肉

やはり腹筋運動が一番効果的です。床にあお向けで寝そべり、両膝を軽く立てて、上半身をゆっくり引き起こします。よく、勢いをつけ手引き起こすことがありますが、これではあまり腹筋運動にはなりませんし、かえって腰を痛めてしまいます。じっくりと腹筋を鍛えるためにもゆっくりと引き起こすのがポイントです。かなり負荷の高い運動になりますから、最初は少ない回数からはじめて下さいね。

脚の筋肉

マラソンは脚を使って走りますから、当然のことながら脚の筋肉をよく使います。これに効果があるのはスクワットです。両足を肩幅に開き、手は頭の後に組み反動をつけずにスクワット(膝が直角ぐらいになるまで腰をゆっくりと落とし、またゆっくりと上体をもどす)をします。これは辛いですが太もも、ふくらはぎなど、脚全体の強化に役立ちますよ。

腕の筋肉

腕の振りをしっかりする事でマラソンのスピードが落ちにくくなります。腕の筋肉もマラソンには欠かせない要素なんですね。これにおススメがダンベル運動です。わざわざダンベルを購入しなくても、ペットに砂を入れたり、水を入れてダンベル代わりにすることが出来ますよ。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ