Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

勉強の仕方をマスターすれば半年で宅建を取得することも可能

宅地建物取引主任者の試験具体的な「キャリアアップ」方法を教えちゃいます!それが「宅建資格」。よくCMでも宣伝されているので「宅建」の名前をご存知の方は多いはず。でも、実際のところ宅建ってどんな資格?

宅建の正式名称は「宅地建物取引主任者」という資格のこと。この資格は、不動産の売買などを行う際には必ず必要になる資格で、資格の種類は国家資格。

不動産取引を行う会社では、5人に1人以上宅地建物取引主任者を置くようにと義務付けられているうえ、この資格がなければ不動産業者などは業務を行うことができないのです。つまり、不動産取引がなくならない限り、この資格の需要がなくなることはないという「使える保証付きの資格」!

だから、非常に人気がある資格試験!なんとその受験者数が毎年20万人以上というほどの人気ぶり。でも、その合格率は15%前後!意外と「狭き門」なんですね。

試験は10月の第3日曜日に行われますが、申込みは例年7月上旬から受け付けが開始します。しかも、宅建の資格試験は毎年1回しか行われていないので、それに併せて勉強のスケジュールを考える必要があります。国家資格でありますが、受験資格は特に定められていないので、誰でも挑戦できるというのもこの宅建の魅力の一つ。

宅建資格があると転職や再就職にも非常に有利に働きますよ。 仕事の合間に通信教育で勉強して・・というのがよくCMなどで宣伝されている「王道パターン」ですが、私の友人もそうやって宅建資格を取得しているのであながち「無理なパターン」でもないようです。キャリアアップしたいな・・と漠然とお考え中の方、ちょっと頑張って宅建資格を取得してみてはいかがでしょうか。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ