Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

お肌も心もリラックス!入浴剤を使った乾燥肌ケア

肌に優しい入浴剤乾燥を潤す水分。その水分補給を一番できる場所がお風呂なんですね~。ゆっくりとお湯につかって、肌にたっぷりの潤いを浸透!でも、せっかく気持ちよかった入浴タイムも、お風呂から出て体を拭いて、パジャマに着替える頃には肌が乾燥してかゆくなったり・・。

これでは水分補給も台無しになってしまいます。 何とかお風呂から出た後もお湯の潤いをそのまま肌に閉じ込めたいですし、その潤いを持続させたいですよね。

お風呂での保湿をキープさせる方法としては、お風呂に乾燥肌用の入浴剤を入れて入浴するのが良いと思います。ただ、一言で「入浴剤」と言っても本当に沢山あります。疲れや肩こりを和らげるタイプ、冷え症を改善するタイプ、ダイエット効果のある入浴剤、、。

そんな中で年中変わらず根強い人気なのが「乾燥肌用」の入浴剤なんですね。それに、乾燥肌用と書かれていなくても、保湿効果がある入浴剤であれば別に問題ありません。

保湿効果がある=保湿成分が配合されている、ということです。乾燥肌対策の主な保湿成分としては、セラミドやヒアルロン酸、スクワランなどがあります。「あまり、いろいろ入っている入浴剤は・・」という方には、無添加の入浴剤がおススメです。

このタイプの入浴剤は低刺激で肌に優しいでひどく荒れた肌や、敏感肌の方でも大丈夫です。入浴剤の形状もいろいろあります。「粉末状・固形状・液状」が一般的ですが、乾燥肌対策としては液状の入浴剤の方が良いです。粉末状や固形状ですと、完全にお湯に溶けるまでに少々時間がかかります。

もう一つ気をつけなければならないのが、お湯の温度なんです。寒い冬などは、体の芯から温まりたいですよね~。ついついお湯の温度を上げてしまいますが、あまりお湯が熱すぎると、かえって肌の水分の蒸発を促進させ、乾燥を促してしまうことになります。

お風呂のお湯はぬるいめにしておいて下さい。 そして、お風呂から出た後は、できるだけ早めにクリームやオイルを塗って下さい。私のおススメはお風呂上がりにアロマオイルを塗るんですが、タオルで拭く前に体が塗れている状態にアロマオイルを塗るんです。

ちょうど良いぐらいにオイルが薄まってベタベタしないんですよ。 肌の保湿をしないでおくと、あっという間に乾燥してしまいますので注意して下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ