Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

歪んだ脚から真っ直ぐな脚へ

姿勢の問題がO脚の主な原因「O脚」という言葉を知っていても、「詳しい状態は分からない」という方も多いと思います。また、「足がまっすぐでなく、ちょっと曲がっている=O脚」だと思っておられる方も沢山おられます。

でも、実際は、「O脚だと思っていたけど、違うタイプだった・・」と言う事もあるんですよ。ですから、ここで「脚の形の分類」をご紹介しますね。

(1)O脚
脚の形がOのように見えるものです。でも、これはただ単に膝が離れているというだけではないんです。踵を付けて真っ直ぐ立った時に、「太もも・膝・ふくらはぎ・内くるぶし」を見てみてください。

そのうちのどれか一つだけでもくっついていない=O脚と判断されます。「エッ、そんなに厳しいの?」と思われるかもしれません。でも、そうなんですね~。実に、日本人のうち9割O脚とも言われるのも頷けます。「私はO脚じゃないから・・」と思っていた方、一度鏡の前で自分の脚を厳し~くチェックしてみて下さいね。

(2)X脚
何となくO脚とは反対の脚の形のイメージですね。ただ、これは、立った時に膝を付ける事ができても、足をぴったりと付けて立つ事が出来ないんです。まさしくXの字形のイメージです。

つまり、Xの真ん中の交差している部分が膝で、それ以外の部分はひざ下と膝上なのです。(昔、バレリーナには有利な脚の形・・と聞いた事があるような・・?)日本人ではあまり見られない脚の形でもありますが、最近はこの形に悩んでいる方も少し増えてきたようです。

(3)XO脚
「どんな形?」と思われるかもしれません。まあ、読んで字のごとく、先に紹介した2つの特性を併せ持つ脚の形なんです。つまり、「骨盤の位置~膝まではX脚、膝からかかとまではO」になっているんですね。

う~ん、イメージが難しいですね。 ひざ下からかかとまでは丸く脚が開き、膝上から骨盤までは逆三角形のように開いているイメージでしょうか。最近このタイプの脚も増えてきています。こうなると綺麗な脚は「モデルさんだけ」かもしれません。でも、彼女達も日々絶え間ない努力をされているはずです。

ちょっとした事の積み重ねが「歪んだ脚」にも「真っ直ぐな脚」にもなります。毎日の生活の意識を一度変えてみて下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ