Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

どれだけ準備すれば安心できる?老後資金の貯蓄方法

生活費の安い所に移住老後資金を貯めることは、貯蓄の目的の中でも最大のものでしょう。 ゆとりある老後のために、若いうちから老後資金を貯蓄することが大切です。しかし、実際は、マイホームの購入や子どもの教育費など、お金のかかるイベントが目白押しで、自分たちの老後資金の貯蓄に回すことは大変です。

自分たちの老後の前に、親の介護にお金が必要になったりもします。けれども、自分たちの老後は必ずやってきますので、早いうちから少しずつ準備を始めるようにしましょう。

まずは、老後に必要な資金を算出しましょう。その際、これから先、定年の延長や定年後の再就職はある程度は見込めるとしても、退職してから年金を受給するまで、無収入の状態があることを考慮しなくてはいけません。

現状の物価で考えると夫婦二人で最低25万円必要になります。これは年金支給額を下回る数字であり、ゆとりのある老後を望むなら当然もっと必要です。現状の年金制度では、ゆとりのあるどころか、安心して老後を望むことは絶望的なのが理解できるでしょう。

ですから、苦しい状況の中でも、少しずつでも老後に備えていくことが大切です。心構えをするだけでも状況がかわります。老後資金の貯蓄には、長期の定額貯金や生命保険の個人年金が適しています。老後の出費を減らすために、ローンや生命保険の積み立ては、定年までに完了させるようにするなどの工夫も必要でしょう。

豊かな生活のために努力していくしかありません。頑張りましょう。人生、1秒先に何が起こるかわかりません。突然の病気やケガ、災害に襲われることがあります。そんなときに頼りになるのが生命保険です。

けれども、生命保険は「人生において家の次に高い買い物」と言われています。慎重に検討しましょう。 生命保険には多くのプランがあり、種類も終身、養老、医療、保険などさまざまです。当然安心度が高い商品ほど掛け金も大きくなります。自分のライフスタイルに合わせて、身の丈に合わせた商品を選びましょう。

もしも、就職や結婚を機に、あまりよく考えなくてプランナーさんの言うままに保険に加入してしまったならば、今すぐ見直してみましょう。今の生活に必要のない保障プランに加入していることが多くあります。必要のないものは切り捨てていきましょう。それだけで年間数万円の貯蓄につながります。 切り捨てるだけでなく足りないものは加入していくことも大切です。

たとえば医療保険の場合、現在は日帰り手術も当たり前で、0泊の入院から保険金が下りるプランが主流ですが、以前の医療保険だと、5泊以上からでないと入院費用が発生しない場合があります。最近の医療事情で5泊以上というと相当の重症ですから、入院・手術したにもかかわらず、満足な保障がもらえず、貯金を切り崩すことになるかもしれません。

医療保険の見直しも是非行ってください。 養老保険は、定額貯金並みの強制力があり、リターンも大きいので、お勧めの商品です。是非検討してみてください。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ