Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

炎症の強い慢性関節リウマチの治療法

マチ専門医の診察慢性関節リウマチは生命にかかわる病気ではありません。しかしながら、激しい痛みを伴い、非常に辛い症状があらわれるだけでなく、関節の変形やさまざまな合併症を併発してしまう恐れがあるのです。

この病気は、女性の発症率が高く、30代後半以降の女性の約1%がかかっています。また、一度発症してしまうと完治することがありませんし、重症化を防ぐ方法も少ないため、難病とされています。

この慢性関節リウマチは冷えが直接的な原因で引き起こされるものではありません。しかしながら、冷えによって血管が萎縮したり、末しょう神経へのストレスが、関節リウマチの発症の要因の一つと考えられています。

手足のしびれや関節のこわばりは、冷えによるものと関節リウマチの初期症状である場合があり、冷えが慢性化している人は病気を発見することが遅れてしまう場合もあります。また、関節リウマチの痛みやだるさが、冷えと多湿によって悪化することもわかっているのです。

こうしたことから、関節リウマチを治療するためには、血行を改善するなどの冷えによる症状を緩和するものが組み込まれているのです。さらに、食事内容や着るものにいたるまで、冷えと湿気を防ぐための細かい指導が行われています。関節リウマチの初期症状は、食欲不振や筋肉痛、手足のしびれなどがあります。

いつもの冷えでは感じない症状があると気づいたら、早めに病院で診察を受けるようにしましょう。 完治は困難ですが、早期の発見と適切な治療で悪化を防ぐことはできるのです。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ