Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

次の地震がくる前に今すぐできる家具の転倒・落下防止対策

家具の転倒防止対策家族のだんらんの場としてだけでなく、住まいは地震、土砂災害など思わぬ災害からも命を守ってくれます。もし、ぐっすり眠っている夜中に突然の大地震が起きたとしたら・・、あなたの住まいはあなたの命を守ってくれますか?

予期せぬ災害、その対策には住まい全体の防災や避難経路の確保が非常に重要になってきます。ただ、家の基幹部分から耐震性を強化したり、ガラス窓を全て割れないタイプの窓に変えたりするのはかえって生活の利便性を悪くしたり経済的な負担を重くしてしまいます。

それ程大掛かりな防災対策は家をリフォームする時などの最優先事項となりますが、今すぐに・・と言う訳にもいきませんよね。まずは自分の身の回りで出来ることから始めてみてはどうでしょうか。

まずは防災や避難を意識した住空間作りです。「お気に入りの家具に囲まれていたい・・」と言う拘りがあったとしても、部屋の中が雑然としていると避難する時の障害になったり、そういった家具自体が二次災害を引き起こす原因にもなってしまいます。

すっきりとしたインテリア、機能的な家具の配置を意識する事だけでも有効な災害対策になりますよ。また、生活導線を見直すきっかけにもなるので、ぜひともおススメしたい災害対策でもありますね。・・と言う事で、住まいの災害対策の要点を以下のようにまとめてみました。

安全空間の十分な確保
手の届くところに家具があると何かと便利ですが、寝室や子ども部屋などに置く家具は最小限にして下さい。

避難経路の確保
各部屋のドア付近や廊下、階段に物をおいてしまうと非難する際に障害になったり、そういったものがドアをふさいでしまって部屋から出られなくなってしまう事もあります。避難経路となる場所には物を置かない事が重要です。

火災予防
調理器具や暖房器具など出火の危険性のある場所にの近くには可燃性の物を置かないようにして下さい。

落下物の防止
ついつい「スキマ」に物を収納したくなってしまいますが、棚の高い段や家具の上などに物を置くのは危険です。たったひとつのコップであっても、それに落下速度が加わることで衝撃度が増し大けがの原因にもなってしまいます。

家具・家電の転倒・移動の防止
大地震などでは、家具や冷蔵庫の転倒、横滑りによりドアや窓がふさがれてしまったり、人が挟まれて下敷きになったりする事が多いです。本棚や食器棚などの重たい家具には、L字金具などを使って床固定や壁面固定をして災害に備えて下さい。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ