Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

大安、仏滅等の六曜カレンダーで災いを避け福を呼び込む

カレンダーや手帳などに記載されている六曜普段の生活ではあまり意識しませんが、日本には六曜(ろくよう、りくよう)という暦があります。「聞いたことが無いな・・」と思われる方も多いとおもいますが、「大安」や「仏滅」と言えばピンとくるのではないでしょうか。

この六曜は昔から日本人の生活に深く根付いている暦であり、この六曜でその日の吉凶が分かります。今でも多くの、カレンダーやスケジュール帳、新聞の日付欄には記入されている事が多いですよ。

では、六曜にはどういった意味があるのでしょうか。それは日によって「守るべきこと」が定められているのです。そしてその指示に従って生活すると、災いを避けたり、福を呼び込めるといわれています。六曜と言われるくらいですから、その暦は6種類ありそれぞれに意味があります。

先勝(せんしょう、せんかち):
「先んずれば即ち勝つ」の意で何事も早くするのが吉とされています。

友引(ともびき):
勝ち負けのつかない引き分けというのが本来の意味ですが、「友を引く」という意味にも取れ、葬式を行うと友人があの世に引き寄せられる、ともなり通常この日に葬儀を行うのは避けます。

先負(せんぶ、せんぷ):
先勝の逆になる先負は、何かをするのは午前は避けるべきとされています。

仏滅(ぶつめつ):
凶日とされる日です。結婚式等お祝い事を行うのは避ける日とされています。

大安(たいあん):
大安は何をするのも良いとされる吉日で、祝い事はこの日を選んで行われる事が多いです。

赤口(しゃっこう、しゃっく):
もともとは大凶の日であり、午前11時から午後1時までの時間帯のみは吉、それ以外は凶とされています。

六曜は上記の順番で巡っていますので、月曜日・・などの暦とはちょっとずれてしまいます。「なんだか面倒くさそう・・」と思われるかもしれませんが、何かを行う時に、一度その日が六曜の何に当たるのかを考えてみて下さい。厄を避けてツキを引き寄せることができますよ。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ