Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

グリーンのルール、守ってこそのゴルフプレーヤー

隣のホールへ打ち込んだ時のゴルフマナーゴルフというスポーツ自体が非常にマナーを重んじるスポーツなのですが、その中でも特にグリーンはゴルフ場の中でも神経を使う場所です。

グリーンでの一打がスコアに大きく影響しますから集中力が求められますし、しかも繊細なコンディションキープが重要になってくる場所でもあるからです。そういった環境を整えるため、グリーン上には数多くの大切なマナーがあります。

ほんの一部ではありますが、ここでその「マナー」をご紹介しますね。

全員がグリーンにボールを乗せた時には各自自分のボールにマーカーをしてボールを取り除く。

また、カップに近い人はピンを抜く。この時、抜いたピンをそのままにしておいては意味がありません。抜いたピンは邪魔にならないところ置いておいて下さい。

グリーンを歩きまわらない。
グリーンの芝生が描くラインは非常に繊細です。マーカーをしたり、ピンを抜いたりする動作の中でウロウロと歩きまわるのは厳禁ですよ。他の方のラインを踏み荒らしてしまうかもしれません。

「ここは大丈夫そうだから・・」、「邪魔にならないように渡るから・・」と思っても、ラインがスライスやフックしていることもあるため、ラインのそばを通ったりラインをまたいではダメです。多少遠回りであっても、プレイに関係ない場所を通るようにして下さい。

グリーンのコンディションをキープする。
グリーンにいる時にアプローチの衝撃でグリーンに傷を付けてしまったり、つまづいてしまう事もあります。そのまま放っておいては他のプレイヤーのプレイの妨げになってしまいます。すぐにグリーンフォークでしっかり状態を整えて下さい。

私語を慎む。
これは女性だけでなく男性にも言える事です。ついつい話に夢中になってしまったり、待っている間の「暇つぶしに・・」とお喋りをしたくなりますが、自分がパッティングを終えた後も、他の方はまだプレイ中です。おしゃべりをしている間に、速やかに次のホールに移る準備をする事も出来ます。それに他人のプレーを「見る」ということは、非常に大切なゴルフマナーの一つでもあるんですよ。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ