Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

例えちょっとでも大丈夫!走る時間を確保しようとする気持ちが大事

長距離ランのトレーニング
「マラソンを始めたくても時間が取れない」という方もおられます。週末ならともかく、平日では仕事から帰った後に走り出す・・というのもナカナカ大変です。

「時間が取れない、練習しない日が長く続く」これが続いてしまうとせっかく走り出しても、そのトレーニングの継続という事は難しいんですね。マラソンを始める場合、トレーニングに費やす時間の使い方も工夫しなければなりません。

まず、一週間の大まかな予定をチェックしてみて下さい。仕事が遅い日、早い日それぞれあると思います。各日のスケジュールから走れる時間を見つけ、その時間をトレーニングに当てるようにしてみて下さい。

出社前や帰宅中のランニングをされる方も多いですが、出勤前だと汗をかいてしまったり、せっかく身支度したのにそれがグチャグチャになってしまいます。また、帰宅時でもスーツがシワだらけになってしまいます。第一、ランニング用のシューズを持参しなければならず、駅のロッカーなどを借りられれば良いですが、借りられない時はその荷物が大変です。

かといって、一度家に帰ってからでは気持ちがほっこりとしてしまい、ついつい怠け心が出てしまいますよね~。練習が長続きしそうにないです。なので、走り込むのは週末、ウィ-クデーは筋トレと決めても良いと思います。

スポーツジムに通うのも良いですが、会費や月々の利用費も掛ってしまう事も忘れないで下さいね。まあ、敢えてお金を掛けることで、「せっかく支払っているんだから、お金を無駄にしない!」と練習に励みがつくことも多いようですが・・。

でも、自宅でも筋トレは出来ますよ。毎日お風呂を入る前に腹筋、背筋などを鍛えたり、ペットボトルに水を入れたダンベルで腕の筋肉を鍛えることも出来ます。また、毎朝、足の筋肉を鍛えるために2駅分程歩いても良いと思います。 工夫次第では自宅で走るトレーニングも可能です。残る問題は、それをやり続けよう!とする自分の気持ちではないでしょうか。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ