Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

放ったらかしでは駄目?ランニングシューズの正しい手入れの仕方とは?

シューズ用のブラシでこすり洗い
ランニングの唯一の準備物、それはランニングシューズです。一番使用頻度の高いものでもありますし、ランニングの基本を作るモノでもあります。このシューズ、放ったらかしにしていませんか?よく使うものだけに、管理が悪いとすぐに傷んでしまいますよ。

マラソンを長く続けるためにはランニングシューズとのお付き合いも大切です。正しいお手入れ法で手入れをしておけば、それだけ長く履き続ける事ができますよ。ここで基本的なランニングシューズのお手入れ方法をご紹介しますね。

(1)湿気から守る

ランニング中は、大量の汗をかきますよね。ウエアが汗で色が変わるぐらいの大量の汗です。でも、この汗、体の上部分だけではないんですよ。足や足の裏からも汗は出ているんです。しかも、体の上半身とは違い、足は靴の中で密封された状態です。

それだけ水分を吸っていることになりますし、湿気を帯びやすいです。ですから、走った後は風通しの良い場所にランニングシューズを置いて、湿気を十分に飛ばして下さい。また、梅雨や夏などの湿度の高い時期は、除湿剤を使ってシューズの中に湿気を残さないようにすることも出来ます。

靴用の乾燥器もありますよ。(私は以前、布団乾燥機で子どもの靴を乾かした事があるのですが・・、家中ものすごい臭いになって大変でした!) この靴の乾燥、本当に大切なんです。特に湿度の高い梅雨のシーズンなどに放っておくと靴にカビが生えるんですよ!カビの繁殖力はスゴイですよ。

私もズボラで、シューズをしっかりと乾かさずに、梅雨の時期に1週間ほど外に置きっぱなしにしていたのですが、うっすらと緑がかった白いカビがインソールの踵部分一面に生えていて~。とりあえず、お風呂洗剤のカビキラーのような物で付け洗いしました。

(2)汚れを落とす

走っていると土や泥などの汚れが付きます。また、シューズの裏には小石が挟まることも多いです。シューズの材質によってはあまり洗わない方が良い物もあるかもしれませんが、汚れが目立ってきたらできるだけシューズ用洗剤を使って洗うようにして下さいね。

また、ヒモやインソールなどの取り外せるものは先に外して優しく洗って下さい。私は子どもの靴のインソールをブラシでゴシゴシと洗ってしまい、穴をあけてしまった事がありますので、インソールはブラシを使わず、優しく手で洗った方が良いと思います。

お手入れと思うと何だか面倒くさくなってしまいますが、快適にランニングを続けるためには靴にもメンテナンスが必要です。特に靴は湿気が溜まり易いので、靴の乾燥だけでも心がけるようにして下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ