Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

たるみケアで見た目老化の排除へ!

正しいほうれい線対策一気に顔の印象を老けて見せる物に「ほうれい線」があります。これはほほがたるんだ印象をより強く与えてしまいます。 もう、ほうれい線についての説明は必要ないと思いますが、簡単に言うと口の両脇、鼻からあご近くまで伸びる2本の縦線なんですね。

実はこの「ほうれい線」、赤ちゃんの頃からあるんです。でも、子どもの間は肌の弾力、再生力が強いので「線」としては残らないんですね。でも、年を取るしたがってこの線、つまりしわが深くなり、笑っていなくても後が残り、消えなくなり目立つようになるんです。

頬がたるむにつれほうれい線が深まりますが、それとは別にほうれい線によってよりたるみがあるようにも見えてしまいます。そして老け顔のイメージがますます強くなってしまいます。 たるみ改善と併せて、ほうれい線のお手入れもやってみましょう。

ではまず、ほうれい線ができる原因です。やはり加齢が一番の原因です。脂肪を結び付ける力が加齢によって緩むと皮膚自体がゆるみ始めます。そして脂肪も垂れ下がります。若い時には筋肉がしっかりとしているので皮下脂肪も高い位置に保たれています。

でも、筋肉が衰え、皮膚が緩むと次第に頬が下がり始め、頬と口周りの境にあるほうれい線へと移動します。この時、皮膚や脂肪がほうれい線に覆いかぶさるように移動するので、ほうれい線が深くなるんです。他にも、紫外線を浴びることにより皮膚組織がダメージを受けてしまいます。このダメージで皮膚の表面が落ちこむとほうれい線がさらに深まってしまいます。

この嫌なほうれい線。何とかケアをして若々しい印象を与えたいものです。まずは、頬を高く保つために表情筋を鍛えることでケアできます。なので表情筋のエクササイズやマッサージを欠かさず行って下さい。

そして、ほうれい線は口回りに出来ます。乾燥しやすい場所でもありますから、保水・保湿も入念に行って下さいね。同い年であっても、ほうれい線の深さで印象が大きく違ってしまいます。少しでも若い印象を持ってもらえるよう、今からほうれい線ケアも始めて下さい。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ