Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

今からトップクラスを狙う!中学入試の合格率

学費の負担が大きい大学附属校いざ、中学受験を決意し、準備を・・と思っても、何から始めればいいのか検討も付かない・・というご家庭も多いと思います。

お子さんが高学年の場合は、塾などからの情報もありますし、勉強面での対策などもある程度塾が方向性を立てて説明してくれると思います。ただ、お子さんがまだ3年生や4年生でまだ、漠然としている場合、それがどういうものなのか不安を抱えている方も多いとおもいます。

特にお子さんが初めて中学受験をするご家庭は、その不安も大きいはずです。少し調べただけでも、様々な情報が溢れていまし、中学受験に対して過敏になってしまう方もおられます。絶対的ではありませんが、中学受験にはある程度の基礎知識、まあ、一般的な常識というものがあります。大まかではありますが、ご紹介します。

(1)中学受験の入試内容や傾向、実施形態などは、学校に大きく違っています。 中学受験をするご家庭の多くが他の志望校と合わせた併願受験をするのではないでしょうか?

たとえば、私立の中高一貫教育校で、カトリック系と学校の系統は同じでも、その試験内容や形態が同じ訳ではありません。入試形態や内容は学校のオリジナリティーが一番表出される場面でもあります。ヤマをかけて絞り込む訳にはいきませんから、受験までに、全体的な学力レベルを上げておき、きちんと対応できる準備が必要です。

(2)中学入試傾向、形態は毎年変化します。 子どもの数によって、受験希望者数や合格倍率の変化は当然起こってきます。その上、中学を併設し、新設校としての受験受け入れも増加していたり、既存の中学でも新しいコースが設置されたり・・と、入試方法が大きく変化していきます。

去年の資料には載って無かった事が今年は実施される・・、なんて事も起こり得るので、情報に惑わされず、冷静に対応して下さい。

(3)付け焼刃では合格は難しいです。 中学受験では小学校で学んだ知識を総合的に判断されます。算数などの場合は、3年ぐらいから重要となりますが、理科、社会、国語は積み重ねが重要になります。

特に、漢字などは各学年で習得すれば次の学年にはさらに新しい感じが追加されていきます。塾通いが常識的になっている受験対策ですが、家庭学習を選ばれる場合でも、日々の学習が効果を発揮します。ご家庭で受験を決められた場合、お子さんには常に、受験を意識した学習を行う習慣付けが必要になると思います。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ