Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

女性には離婚後6か月間の再婚禁止期間があります

浮気が原因で夫婦関係が悪化離婚から再婚へとスムーズに展開しても、少々、法律的な問題が出てくる事があります。そもそも再婚というのは、婚姻関係を解消した人が、新しく婚姻関係を結ぶことなんです。ただ、婚姻関係を解消するまでは夫婦としての生活を過ごしてきています。

それを解消した途端、すぐに再婚・・と出来ない場合もあるんですね。これが法律で定められているんです。しかも、女性に限って再婚の時期に制限が設けられています。

ご存知ない方も多いと思いますが、具体的にいうと、女性の再婚禁止期間という規定が、民法第733条に制定されてます。この法律の内容は、「女性は前の婚姻関係の解消または取消しの日から、6ヶ月のあいだ結婚することができない」となっています。

男女平等を標榜している現代に「なんで女性だけに・・?」と思われる方も多いと思います。ただ、この女性の再婚禁止期間には、父性推定の混乱を防ぐためという、必要に迫られた理由があるんですね。

「父性推定の混乱を防ぐため」つまり、離婚してすぐに再婚し、その再婚後に子どもが誕生した場合、その子どもは前夫の子どもなのか、再婚後の夫の子どもなのかが分からなくなってしまうことがあるんです。

親権出会ったり、相続でもこれは大きな問題になってしまいます。こういったことを防ぐ目的で設けられているんですね。でも、全ての離婚女性にこの再婚禁止期間が設けられている訳ではありません。

(1)前夫の子どもを妊娠している場合
出産の日以降は女性の再婚禁止期間の適用はされません。

(2)再婚相手が前婚の解消または取消し相手の場合
女性の再婚禁止期間の規定が適用されません。

(3)夫が失踪宣告を受けた場合

(4)夫の生死が3年以上不明で、裁判離婚した場合
先述した通り、再婚禁止期間の設定は女性に限られています。

男性には今のところ特に、再婚禁止期間に準ずる法律は設けられていません。「男女の差別だ」との声もありますが、最高裁では平等権を定めた憲法には反しないという判決が出ています。このような再婚禁止期間は子どもの権利を保護する為のモノでもあります。焦らず、ゆったりと「準備期間」ととらえるようにして下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ