Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

自分の子供は再婚相手の財産を相続できるのか

離婚や再婚した後の相続子連れ再婚の場合、子どもの姓の問題も大変ですが、それに伴い戸籍が変わると相続権にも影響を及ぼしてきます。

この再婚における子どもの相続権で問題になるのは、連れ子や愛人の子の取り扱いです。 何の手続きもしない状態のままでは、連れ子も愛人の子も、相続権を獲得することができません。もちろん、それが目的で再婚に踏み切るわけではないとおもいますが、やはり自分の子どもは大切です。

連れ子や愛人の子に相続権を与えるためには、一定の手続きを踏む必要のある事を覚えておいてください。現在の日本の法律では、被相続人の相続人になれるのは、配偶者や子どもといった親族に限られています。

つまり、子どもに相続権を与えるには、被相続人とのあいだに法律的に認められる親子関係が成立している必要があるのです。ちなみに、私は初婚でずっと夫と婚姻関係ありますが、私が跡取りになる事が決まり、遺産相続の為に主人と父の間で養子縁組を成立しました。

再婚で連れ子に相続権を与える確実な方法は、養子縁組をすることです。これにより、実際に血のつながりがなくても、法律的に認められる親子関係が成立し、子どもは再婚相手の相続人になることができます。

ただ、愛人の子に相続権を与える場合には、これほどスムーズに割り切った対応が出来ないかもしれません。家族が選択する方法によって事情が異なります。 愛人の子に相続権を与える方法のひとつには、認知をすることが挙げられます。(ただ、昔の日本ならまだしも、現代では認知と言うのも難しいんですね。)

上手く、認知されたとしても、認知されてしまうことで逆に子どもの相続分が少なくなってしまうのが問題ですね。これは、法律的に認められる親子関係は成立しても、愛人の子は法律的に認められた夫婦のあいだに誕生した子どもの半分しか相続できないという現状があります。

これを上手く解決するためには、遺言を残す方法と、養子縁組をする方法があります。養子縁組をする場合は、周りの理解も必要になってくることと思います。

遺言や養子縁組により、愛人の子の相続分は法律的に認められた夫婦のあいだに誕生した子どもと同じになります。相続と言うのは本当に大変な事です。実子同士での遺産争いもあるぐらいです。問題が泥沼化することが非常に多いので、連れ子や愛人の子がいる場合には、早期に準備を始めるようにして下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ