Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

再婚の場合子どもの戸籍はどうなるのか

再婚相手の戸籍に入れたい場合子連れ再婚の場合、一番手続きが大変なのが子どもの戸籍についてではないでしょうか。

子どもが自分の戸籍に入っていたとします。再婚が決まりそれを期に相手の戸籍に入る場合、夫婦の戸籍は婚姻届で変更されますが、子どもの戸籍は自動的には変更されません。

例えば、子どもが大学生などある程度の成長をしていればそのままでもそれ程問題は無いようですが、子どもが小さい場合、戸籍が別々と言うのは何かと不都合になってきます。

再婚相手と子どもを一緒の戸籍にするには、入籍届を提出しなければなりません。これは、再婚夫婦の戸籍と、子どもの戸籍を同一にするためのものですね。

<入籍届の必要書類>

(1)入籍届が1通=届出人の署名押印が必要ですが、代理人に提出してもらうことも可能です。

(2)子の戸籍謄本=子どもの今の本籍、または入籍後の本籍が届出地の市区町村以外の際には用意する必要があります。

(3)父母の戸籍謄本がそれぞれ1部ずつ

(4)届出人の印鑑です=子どもが15歳未満の場合には親権者の印鑑を用意する必要があります。

入籍届は子どもの提出が原則となっています。また、受理された日から有効になります。ただ、子どもが15歳未満であれば、親権者が提出することになります。入籍届の提出先は、子どもの本籍地か、届出人の所在地のどちらかの市区町村役場と定められています。入籍届を提出をする時には、身分証明書を忘れずに持って行くようにして下さいね。

「入籍届が受理された=再婚相手との親子関係の成立」と言う訳ではありません。配偶者の子という位置付けだけで、再婚相手と子どもは法律的な親子関係になっていません。もちろん、再婚相手の相続人になる権利もありません。再婚相手の相続人指定を受けたいのであれば、養子縁組届を提出する必要があります。

また、子どもが自分の戸籍に入っていて、自分の姓で再婚する場合、再婚相手が自分の戸籍に入ることになりますので、戸籍に関しては子どもに影響はありません。例えば、父親が子どもを引き取り養育している場合、その父親が再婚しても子どもの戸籍 は変化しません。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ