Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

家を留守にする時に不安になる一戸建てのセキュリティ

泥棒などの侵入を阻止女性であれ、男性であれ「防犯」という問題には真剣に取り組んでほしいです。防犯というとどちらかというと女性の一人ぐらいしに重要なイメージがありますが、「空き巣」などは男性も女性も関係ありません。引越し先が決まったら、防犯に関する準備も同時進行で行って下さいね。

出来れば、引越し先の物件を下見する時から「防犯準備」も始めて下さい。「何に注意すれば良いのか・・」と悩まれるかもしれませんので、大まかにご説明しますね。

(1)場所:
駅から近くても治安の悪い場所では防犯という面では安全ではありません。また、近くにコンビニなどがあると便利ですが、「溜まり場」となる事もあります。(タバコの吸い殻、ゴミの面でも問題があります)また、女性の場合、人通りの少ない通りを通るような場所は夜が遅くなった時には危ないですよ。

(2)部屋の位置:
外から侵入されやすい部屋、特に一階の玄関から離れた部屋などは目に付きにくかったりします。また、高層マンションだから、最上階に近い部屋だから・・と安心するのも危険です。屋上からベランダを通して侵入するケースもあります。

(3)マンションやアパートの入口:
エントランスホールが付いていたり、管理人さんが常駐されている賃貸物件やマンションなどもあります。出来れば入口にはセキュリティシステムがついている方が良いです。部屋番号を入力してからドアが開くタイプだとかなりセキュリティは高まります。

(4)鍵:
これは自分でできる防犯対策でもあります。カードキーなどですと新しく書き変えて鍵を貰う事が多いですが、古いアパートなどの場合、何年も同じ鍵を使いまわしていることもあります。セキュリティの為にも鍵は新しく変えるようにして下さい。ただ、マスターキーを大家さんは保管するので、勝手に鍵を交換するとトラブルになる事もあります。あらかじめ相談するようにして下さい。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ