Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

初期費用が抑えられる敷金礼金ゼロの賃貸物件は得か

不動産維持費引越し費用、荷物の移動や新たに購入しなければならない物などだけでもかなりの出費になってしまいます。でも、引越し先の新居にも家賃だけでなく敷金・礼金もかかってきます。

家賃は毎月払って行くものですから、それに重点を置いて考えがちです。でも、新居を契約する場合、敷金、礼金も発生する事を忘れないで下さいね。では、この「敷金と礼金」、何のために必要なお金なのでしょうか。大まかにご説明しますね。

敷金
契約時に大家さんに預けておくお金です。預けておくのであり、支払うお金ではないんですね。使い方はいろいろあります。

例えば、急に会社が倒産して、収入が無くなってしまったり、仕事がなくなってしまって家賃が支払えなくなるような事もあるかもしれません。そんな時に、一時的に敷金から家賃を立て替える事が出来ます。

また、引越しの際、家に傷をつけたり汚してしまうと、それは住人が責任をもって修理しなければなりませんが、その費用も敷金から支払われます。敷金の金額は賃貸物件によって大きく異なっていますが、15万円の敷金を預けた場合、傷を付けてしまったフローリングの修理に8万円かかると判断されると、15万円から8万円分が支払われ、残りが返還されます。

もちろん、部屋の状態によっては15万円の敷金に対し、18万円分の修理が必要になってしまう事もあります。その時には、超過分の3万円が追加請求されます。敷金は部屋をキレイに住んでいるとそれだけ多く返還されるお金なんですね。

特に、フローリングや壁紙は「一部分だけの修理」は出来ません。すべて張り変えになってしまいます。返還額を多くするためにも、できるだけきれいに、丁寧に住むようにして下さいね。

ただ、タバコを吸う場合、部屋に匂いとヤニ汚れが付いてしまいます。また、ペットを飼っている場合にも壁紙や畳、障子を取り換えなければならない場合が非常に多いです。敷金はほとんど戻らない・・、若しくは追加請求されるかも・・と思っておいたほうがいいですね。

礼金
物件を貸してくれる大家さんへのお礼として支払うものです。退去時にも返らないお金です。ただ、この礼金の制度は最近ではあまり用いられなくなり、礼金無し!物件も多くなってきています。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ