Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

食欲抑制剤って安全?食欲をコントロールする成分

食欲を調節する仕組み食欲抑制剤というものがあるのをご存じでしょうか。その名のとおり食欲を抑える効果のあるものですが、最近ではダイエットにも広く使用されるようになってきました。

食欲抑制剤にはセロトニンという成分の生成を促す作用がありますが、これが食欲を抑える効果をもたらしています。セロトニンとは人の脳に存在する成分で、このセロトニンが不足すると精神が不安定になることが分かっています。

セロトニン不足による精神不安定は無用な食欲増進を引き起こすため、セロトニン不足を補うことで食欲を抑えることができると言われています。食欲抑制剤として広く使われているのが「3F」と呼ばれる舌下スプレーで、これを空腹時に3プッシュすると食欲を抑えることができます。

また3Fは食欲を抑えるだけでなく、空腹感を麻痺させて満腹感すらも感じさせてくれることから、ダイエット時でもストレスを感じずに食事量を減らすことが可能です。ただし、3Fは1日に5回の使用が好ましいとされていますから、乱用することは避けましょう。

食欲を抑えるには、セロトニンの不足を食べ物で補うことも効果的です。セロトニンは首を回すなどの運動を行うことでも生成が促されますが、不足したセロトニンを補うほどの生成は期待できません。セロトニンは必須アミノ酸の一種が原料となっているため、食物で補うしかないと言われています。

セロトニン不足を補うには、蜂蜜を混ぜたホットミルクを飲むのがお勧めです。またラベンダーの香りを嗅ぐこともセロトニンの生成に有効ですから、アロマなどで生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ