Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

たかが印鑑、されど印鑑。気になる占いとハンコの関係

五行姓名判断よく霊感商法に利用される印鑑。「この印鑑がおススメですよ・・」と勧める事だけで「もしかして何かの勧誘・・?」と勘繰られてしまいそうですが、もともと印鑑は運気を上げる開運アイテムとされ、縁起の良い印鑑を持つと幸運を呼び込めると言われています。

印鑑自体の働きとしては、個人を示す目印という事になりますが、その目印で人との信頼関係が成り立つのですから、非常に重要な役割ですよね。大きな契約でも「印」が使われますし、身近なところでも銀行や保険の契約などにも印鑑が本人の証明となってくれます。

つまり、印鑑一つで「その人自身」を表してもいるのです。「良い気」が流れるように印鑑にも気を使いたいですね。では、ここでどういった印鑑が開運に効果があるかご紹介しますね。良い印鑑には、運気を上げる素材が使われています。

象牙
最高級の印鑑とされているのが、象牙の印鑑です。アイボリーの気品ある風格はそれを持つ人にも自信を与え、開運できる効果も高いとされます。

ただ、残念なことに象牙はワシントン条約により取引が厳しく制限されるようになりました。近年では入手困難の品薄品ですが、条約が締結される前のものがわずかではありますが流通していますよ。

水牛
深みのある色合いで、使ううちにどんどん手に馴染んできます。水牛は気の流れを通し、活力を高めるとされます。

天然石
水晶、ヒスイなどはその石自体にパワーが宿っているため、印鑑にも最適です。印鑑はなかなか自分で作る機会がありませんが、就職や結婚等を機会に「自分の印鑑」を作ってみてはどうでしょうか。多少値が張りますが、一生使えるものです。

100円ショップでも印鑑は手に入れられますが、印鑑はこれからの自分の人生で大きな働きをしてくれるのですから、あまりお手軽なものでは「人生そのものがお手軽」になってしまいそうです。質の良いもの使って、これからの人生に幸運を呼び込んでみてはどうでしょうか。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ