Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

お料理が楽しくなる!?料理用シリコンブラシやアイデア商品で料理の腕もアップ!!

匂いもつかず、手入れも簡単シリコンブラシというのはシリコンでできた刷毛のことで、ケーキやパイに艶を出すため卵を塗ったり、焼き型にバターを塗ったり、 ローストチキンなどにソースを塗り重ねて、照りを出したりするのに使います。

以前は木でできた柄に動物の毛を植え込んだ天然素材 でできたものが主流でしたが、最近ではシリコン製のものが広く使われています シリコンブラシは、動物の毛を使うかわりに、細いシリコンを束ねてつくられており、柔軟性のある素材のため、使い心地もソフトに なっています。

さて、このシリコンブラシが便利な理由は、お手入れの簡単さにつきるでしょう。 天然素材の刷毛は、汚れがブラシの奥まで入り込んでしまい、ちょっと洗っただけではなかなか落ちてくれません。

また、完全に乾かさないとカビが生えることがあるので、食品用として使うには取り扱いが難しかったのですが、シリコンブラシなら 汚れ落ちも良く、カビが生えることもありませんので清潔です。

天然素材の刷毛だと、毛が抜けてソースに混じってしまうと いったことがどうしても起きてしまうのですが、シリコンブラシならそういう心配もありませんので、業務用としても よく使われているそうです。

高温のオーブン料理に使っても、ブラシじたいが焦げたりすることがないのも良い点ですね。 シリコンは耐熱性に優れた素材ですが、特に高温の環境で使われることが多いシリコンブラシには300℃まで耐えるものもあります。これから料理用の刷毛を購入しようと考えている方は、シリコンブラシを検討してみるとよいかもしれませんね。

シリコンの面白キッチングッズ「ブタの落としぶた」

シリコンのキッチングッズには面白い形をしたものが多いのですが、その中でも株式会社マーナから発売されている 「ブタの落しぶた」は円形の薄いプレートにブタの顔が型どられているユーモラスな商品です。

これは、名前のとおり 落し蓋なのですが、煮物などに使っているとブタの鼻になった2つの穴から蒸気が出てきます。面白いですね。 使い終わったら、鼻の穴に菜ばしなどを入れて取り出します。初めて使った人は笑ってしまうと思いますので、 ちょっとしたプレゼントにするのもおすすめです。

さて、この「ブタの落としぶた」は面白いだけではなく、機能的にもなかなか優れています。 シリコンでできているため、230℃までの高温には耐えることができるので、落し蓋として煮汁に漬け込んで一緒に グツグツ煮ても、溶けたり変質する心配はありません。

しなやかなシリコン素材がやさしく材料を覆いますので、 煮くずれしにくいそうです。落し蓋としてだけではなく、電子レンジを使う時にラップ代わりにすることもできます。

ラップと違い、洗って繰り返し使えるので経済的で環境にも優しいですよね。 また、シリコンはすべりにくいという性質がありますので、冷蔵庫で冷やされて固くなってしまった調味料の ふたを開ける時にも使うことができます。落し蓋以外の使い方もできますので、すぐ取り出せるところに 置いておくと便利ですね。

同じシリーズで、小型の落し蓋「コブタの落しぶた」や「ぶたチン・フードカバー」といったものもあります。 見た目に面白く、使って便利なシリコングッズで毎日の料理を楽しくしちゃいましょう。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ