Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

一人暮らしもいいけど、安定した収入の男性と結婚したい

コミュニケーションの悩み「花の独身生活」や「独身貴族」といった言葉があります。

結婚して他人に気を使いながら一緒に生活する大変さ、面倒くささよりかは独身の方が気が楽で・・、と独りで過ごす時間が長くなってしまうと、このまま独りで過ごしてもいいのではないかと考える人も最近増えてきています。

確かに、誰にも気兼ねせず休日は一日中ゲームをしたり、友達と帰宅時間を考えずに飲みに行ったり・・と独身生活は自由気ままに過ごせるので、大変魅力的な生活でもありますよね。でも、こういった独身生活をいつまでつづけられるのでしょうか?

本当に歳を取った時、独りで生活するのは少々大変です。40代、50代はバリバリと働き、休日はたまの余暇として「やりたいことも盛りだくさん」です。でも、60歳、70歳になった時はどうでしょう。

仕事も定年で退職し、毎日が休日です。打ち込める趣味やカルチャークラブ、新たな友達付き合いなど定年後に世界を広げられる方は非常に充実した日が送れると思います。

でも、趣味が見つけられない人や外を出歩くのが好きではない人、人づきあいが苦手な人は、誰とも会話がない日々が続いてしまいます。人の脳は刺激を受けないとどんどん老化が進んでしまいますよ。

また、兄弟・姉妹はいても遠く離れていたり、それぞれに家庭がある場合、老後も自分一人です。婚活を始める原因、動機の一つに「孤独死するのが嫌だから」といった理由も含まれているそうです。

独身生活が楽しくて結婚なんて考えられない・・という方、その楽しさが未来永劫続くわけではありませんよ。結婚して、子どもを育て、家族になって・・と賑やかな生活も楽しいです。また、老後には「孫の相手」という楽しみもあります。

若い世代では「まだまだ先の事」と想像もできないことだと思いますが、「老後」は誰にでも確実にやってきます。「今を楽しむか」、「老後も楽しむか」これは結構大きな選択肢だと思います。婚活は将来に向けての楽しみを増やしてくれる活動でもあります。

「婚活」と聞くとなんとなく、若い世代のイメージもありますが、40代、50代でも婚活は出来ますし、40代・50代でも出会える可能性もあります。「何もせずに諦める」のが一番ダメなんですね。「将来の事も考えて、そろそろ結婚を・・」と思い立つ、それが婚活の始まりですよ。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ