Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

意外と見られている!?座っているときの姿勢。きれいな座り方で若く見せる工夫

椅子に座っている時に若く見せる秘訣若く見せる工夫をしたいのなら、立っているときだけでなく座っているときも若く見せることを意識していきましょう。きれいな姿勢を保つ上で重要となるのが、背筋をまっすぐに伸ばすということです。

これは立っているときだけでなく座っているときでも大切となるので、背筋をまっすぐ伸ばすことを意識してみましょう。

前のめりの姿勢は年齢より老けて見えてしまいやすいので、顎を少し引いて背中が曲がらないように意識します。若く見せるためには、できるだけ深く椅子にこしかけるようにしましょう。

深めに座ると前のめりの姿勢になってしまうことがありますが、背もたれに背中をぴったり密着させるようなイメージで座ると背筋が伸びやすいでしょう。

それから、足をくっつけて座るのも大切なポイントです。無意識に膝同士が離れてしまうという人もいますが、しっかり意識して美しい姿勢をキープしましょう。年齢を重ねるにつれて筋肉は衰えていくものなので、意識しないと両足が離れてしまうのは仕方のないことでもあります。

ですが、そうならないように気を付けるだけでも老けた印象を持たれにくいので、しっかり意識しましょう。座るときや立ち上がるときも見苦しくならないよう意識するだけで、与える印象はぐっと変わります。鏡などでチェックして、美しい立ち振る舞いについて研究するのもいいでしょう。

座った直後はきれいな姿勢を保っていても、しばらくすると意識するのを怠って姿勢が崩れてしまうこともあります。常にしっかり意識することが、美しい姿勢を保つことにつながるでしょう。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ