Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ケアしても効果が実感できないことも?そんな肌のしくみとは?

小じわができやすくなった女性にとっては肌の潤い・状態・キメなどがとても大きな関心事でもありますよね。でも、やみくもにケアをいてもしっかりとした潤いは手に入らないかもしれません。そこでまず、肌のしくみについて考えてみませんか?そもそも、「肌」と一言でいってしまうことが多いです。でも、この「肌」、実際には様々な層が重なってできているんです。

その大切な部分の一つが「皮脂膜」。これは表面にあるのですが、非常に大切な役割を果たしていますよ。肌には何より水分が必要です。そしてこの皮脂膜では、肌の水分を蒸発させないように蓋をする役割があるんです。

でも、あまりにもこの蓋が分厚いのもよくありません。適度にある分には良い働きをしますが、皮脂膜の量が多すぎると肌が脂性となってしまうからです。程良い厚さの皮脂膜にするには洗顔が大切になります。

皮脂膜の厚さを調整できるのですね。また、いわゆる吹き出物ができやすい人=皮脂膜が厚い人の可能性があります。今までの洗顔法、皮脂膜を上手く調整出来ていなかったのかもしれませんよ。肌は大きく「表皮」「真皮」「皮下組織」の3つに分類されます。その中でも皮脂膜は最も外側にあり、肌の潤いに関係しています。つまり表皮の部分ですね。

そして皮脂膜の下にあるのが角質層と呼ばれる0.02mm程度の厚さの層なんです。よく、基礎化粧品の謳い文句に「角質層までしっかり届く」などありますよね。0.02mmの角質層。想像もできないような薄さです。

また、ちょっとひっかいただけでも刺激を受けてしまうような繊細な場所でもあります。でも、ここも非常に大切な役割があるのですよ。角質層は、体内の水分の蒸発を抑え、体内に水分を蓄える働きをしてくれます。皮脂膜同様、潤いを保つためにはなくてはならない部分です。つまり、肌の潤い=角質層の潤いとも言えるわけです。また、体内に異物が侵入してくるのを防ぐ働きなどもあり、肌の状態を安定させるには非常に重要な箇所です。

表皮と真皮を合わせても、たったの2mmほどです。爪で押して型が残る程度の厚さです。でも、肌に潤いを保つことができるかどうかというのは、この2mmが大きく影響を及ぼします。簡単に傷ついてしまうデリケートな肌、優しいケアが必要なのですね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ