Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

先輩ママに聞く、子どもの乾燥肌対策。おススメケアって?

デリケートな肌には保湿ケア子どもの肌、柔らかくってスベスベ~♪だんだんシワが増えてくる大人から見ると羨ましい限り。一見すると、子どもの肌はトラブル知らずで、水分量もタップリぷりぷり。

でも、子どもの肌は大人に比べるとかなり薄いんですよ。しかも皮脂の分泌が大人よりずっと少ないんです。

「あんなに新陳代謝が活発で、肌の生まれ変わりも早いのに?」と思われると思いますが、皮脂線がおとなに比べると未発達ですし、肌も非常にデリケートな状態です。(大人は「面の皮が厚い!!」という事なのかもしれませんね~。)

なので、子どもにも保湿が重要です。また、保湿だけではなく、皮脂の代わりになるものの補充も必要です。私の子どもも肌荒れが酷く、特に冬場はかゆみを伴うので腰回りや、太ももの辺りに引っかき傷が出来てしまうほどです。

なので、お風呂上がりボディオイルを塗るようにしています。ここで注意です!!子どもに使う保湿剤などは、極力無添加のものにして下さい。肌に余計な添加物を付ければ、それが刺激となり肌が負けてしまう事もあります。

大人は何ともなくても、子どもに使うと「何かこれ、ピリピリする・・」と余計に掻いてしまったり、かぶれてしまう事もあります。大人以上に子どもは添加物には敏感ですよ。私も子どもが小さい時に、ほっぺたの肌荒れ対策に私の保湿剤を使ったら肌がかぶれてしまって皮膚科に行ったことがありました。

多少割高でも無添加で乾燥肌対策がしっかりとしたものを使うようにして下さいね。また、お風呂で使う石鹸も、できれば無添加のものをおススメします。その際、しっかりと石鹸を泡立てて、泡でやさしくなでるようにして洗って下さい。

タオルなんかでこするとあっという間に肌を傷めてしまいますよ。 そして、あまり熱いお湯には付けないようにして下さいね。お湯の温度が高くなるとそれだけ、皮膚から蒸発する水分量が増えてしまいます。少しぬるめでゆっくりとつかって下さい。

お風呂から出た後、肌から水分が蒸発し過ぎないように、できるだけ早めに保湿剤やクリームなどを塗って下さいね。ベタベタするのを嫌がるようでしたら、サラッとしたタイプもありますので、子どもが嫌がらない物を使うようにして下さい。これ以外にも冬場のセーターなどが肌に触れたりすると「ちくちく」して掻いてしまう事もあります。

できるだけ肌に優しい衣類を選ぶようにするとかゆみも緩和されると思います。子どもの乾燥肌、冬場は特に大変ですがいろいろと便利な物も出ていますので、しっかり利用してみてください。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ